もはや鉄板ネタ 天衣無縫の棋士・佐藤康光九段の「本格正統派」発言に周囲も本人も大笑い
番組をみる »

 もはやお決まりの鉄板ネタだ。将棋佐藤康光九段(51)が10月10日に行われた竜王戦七番勝負第1局2日目の中継に出演。序盤からの超急戦、52手という記録的短手数で終わった一局の中盤について触れた際、自身を「本格正統派ですから」とコメント。他の棋士が真似できないような手を繰り出す“天衣無縫”の棋士として知られる佐藤九段の言葉に、周囲だけでなく本人も大笑いする事態が起きた。

【動画】佐藤康光九段の鉄板ネタ

 佐藤九段は、永世棋聖の称号を持つなどタイトル13期、棋戦優勝12回の実績を誇り、現在は日本将棋連盟会長という重責を担うレジェンドの一人。「1秒間に1億と3手読む」と、その読みの深さを形容されることもあり、さらには独創的な手を生み出すことから、会長にちなんでファンからは親しみを込めて「怪鳥」と呼ばれることもある。

 ABEMAの中継に、立会を務めた同世代の森内俊之九段(50)と出演した佐藤九段は、スタジオで解説をしていた阿久津主税八段(38)、三枚堂達也七段(27)から、超急戦となった一局についてコメント。「初日から激しい攻防が続いていて、緊迫した局面が続いているので、気が抜けないですね」と語ったが、直後に阿久津八段から「こういった激しい将棋が非常に得意とされているイメージが…」と聞かれると、早速ニヤリ。「錯覚なんですよ。本格正統派ですから」と言い放った。

 これには横にいた森内九段、阿久津八段、三枚堂七段も思わず笑い出したが、当の佐藤九段は「そこで必ず笑いが起きるのもわかっているんです」と続けた。再び阿久津八段から「先生も自分でおっしゃって笑ってますよ」と突っ込まれると、「なんとなく回答はわかってしまうので、あいさつみたいなもんですね」と、さらに表情を崩した。

 一連のやりとりに、ABEMAの視聴者コメント欄にファンからも声も殺到。「持ちネタwww」「本格正統派wwww」「定番ネタやな」「挨拶みたいなもんww」と、そのトークセンスの高さを満喫した様子だった。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

レジェンド棋士が揃って登場
レジェンド棋士が揃って登場