羽生善治九段、優勢で早くも局面は終盤の入り口 豊島将之竜王と熱戦中/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第2局が10月23日、愛知県名古屋市の「亀岳林 万松寺」で2日目が行われ、豊島将之竜王(叡王、30)と羽生善治九段(50)の対局は、午後0時30分からの昼食休憩時点で、早くも終盤の入り口に。形勢は羽生九段が優勢と見られている。

【中継】豊島竜王 対 羽生九段 激戦の竜王戦第2局2日目

 第1局は豊島竜王が52手という記録的な短手数で先勝。タイトル100期の大記録を目指している羽生九段にとっては、連敗は避けたい勝負の一局になっている。1日目は角換わりの出だしからスピーディに進行。激しい中盤に入った60手目を羽生九段が封じて終了した。2日目に入っても両者、積極的な姿勢で指し進める、早くも局面は終盤へ。現在は羽生九段が優勢という声が多い。

 両者の過去の対戦成績は羽生九段17勝、豊島竜王17勝と全くの互角。本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島竜王。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

豊島将之竜王 鰻ひつまぶし丼 羽生善治九段 味噌とりカツ丼

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 2時間21分(消費5時間39分) 羽生善治九段 2時間39分(消費5時間21分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第33期 竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
1日目は羽生善治九段が封じ手
1日目は羽生善治九段が封じ手