羽生善治九段が49手目を封じ手 豊島将之竜王と形勢互角で2日目へ/将棋・竜王戦
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第3局が11月7日、京都府京都市の「総本山仁和寺」で行われ、タイトル100期を目指す挑戦者・羽生善治九段(50)が49手目を封じ手とし、1日目を終えた。翌8日の午前9時ごろに封じ手が開封され、豊島将之竜王(叡王、30)の手番から再開する。

【中継】豊島竜王 対 羽生九段 2勝目を挙げるのは?竜王戦第3局

 第1局は豊島竜王が52手のシリーズ史上最短手数で勝利、第2局は羽生九段が取り返して1勝1敗のタイで迎えた第3局。両者の対決は羽生九段の18勝17敗とほぼ互角ながら、後手番が24勝11敗でリードするという偏りも、対局前から注目された。

 相掛かりの出だしから、羽生九段が積極的な姿勢を見せると、第1局では超積極策を取った豊島竜王も本局は冷静に対応。両者とも中盤に差し掛かるところで熟考を重ねた。特に羽生九段は、封じ手前の数手にはじっくりと時間をかけたことで、残りの持ち時間では豊島竜王が1時間以上リードを奪うことになった。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は羽生九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 4時間50分(消費3時間10分) 羽生善治九段 3時間38分(消費4時間22分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段