形勢は互角 豊島将之竜王 対 羽生善治九段 第5局が再開 防衛か、反撃か/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第5局が12月6日、神奈川県足柄下郡「ホテル花月園」で2日目を迎えた。前日5日に、挑戦者の羽生善治九段(50)が45手目を封じ手。午前9時ごろに開封され、豊島将之竜王(叡王、30)の手番で対局が再開した。豊島竜王が初防衛を果たすか、羽生九段が土壇場で踏ん張るか。

【中継】豊島竜王、勝てば初防衛!羽生九段、踏ん張るか 竜王戦第5局

 豊島竜王の3勝1敗で迎えた第5局。過去3回の防衛戦を全て失敗、タイトルを失い続けてきた豊島竜王にとっては、課題であり目標だった初防衛にあと1勝と迫っている。羽生九段に対しては3連勝中で、このまま一気に押し切れるか。

 2年ぶりにタイトル戦に出場した羽生九段だが、タイトル100期の大記録達成に向けて、追い込まれている状況だ。第3局は手痛い逆転負け、第4局はペースを握られ続けての負け。流れを変える意味でも、快勝での2勝目をもぎ取りたいところだ。

 戦型は豊島竜王が雁木、羽生九段が矢倉。1日目は昼食休憩までハイペースで指し手が進んだものの、午後は一気にペースダウン。両者1時間を超える長考合戦になった。形勢は互角で、一手の違いが勝敗を左右する重要な局面を迎えている。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は羽生九段。ABEMAはこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 4時間26分(3時間34分) 羽生善治九段 3時間57分(4時間3分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第33期 竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
羽生善治九段&&佐々木勇気七段の砂蒸し風呂体験!
羽生善治九段&&佐々木勇気七段の砂蒸し風呂体験!
豊島竜王、勝利の砂むし風呂!佐々木勇気七段も参戦!
豊島竜王、勝利の砂むし風呂!佐々木勇気七段も参戦!
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る