注目の第3局 形勢互角のまま1日目が終了 渡辺明名人が54手目を封じ手/将棋・名人戦
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負の第3局が5月4日、愛知県名古屋市「亀岳林 万松寺」で行われ後手の渡辺明名人(棋王、王将、37)が54手目を封じ手とし1日目が終了した。翌5日に行われる2日目は、午前9時ごろに封じ手が開封となり、挑戦者の斎藤慎太郎八段(28)の手番から再開となる。形勢は互角で、封じ手の局面では本格的な戦闘開始か、さらに駒組みを続けるかという分岐点になっている。

【中継】名人戦七番勝負第三局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 第1局を斎藤八段、第2局を渡辺名人と、いずれも先手番が勝利して迎えた第3局。第1局と同じく戦型は矢倉になったものの、じっくりとした進行となった第1局とは異なり、形は急戦矢倉に。封じ手前には、両者とも長考を入れ、序盤の考えどころになっている。

 本局の持ち時間は各9時間の2日制で、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

渡辺明名人 4時間47分(消費4時間13分) 斎藤慎太郎八段 5時間11分(消費3時間49分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

名人戦七番勝負第三局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
名人戦七番勝負第三局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
名人戦 七番勝負 第三局 2日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
名人戦 七番勝負 第三局 2日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
[対局開始の瞬間!]渡辺明名人VS斎藤慎太郎八段 名人戦第2局2日目
[対局開始の瞬間!]渡辺明名人VS斎藤慎太郎八段 名人戦第2局2日目