チーム康光が初陣 自由奔放・チーム糸谷と対戦 ファン予想は53.6%でチーム康光有利/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ・第2試合、チーム康光とチーム糸谷の対戦が5月8日に放送される。チーム康光は今大会初戦、チーム糸谷は2戦目で予選通過をかける。

【動画】ABEMAトーナメント チーム康光 対 チーム糸谷

 チーム康光はリーダー佐藤康光九段(51)が森内俊之九段(50)、谷川浩司九段(59)と昨年と同じ顔ぶれを指名。レジェンドチーム再結成で、多くのファンの胸を弾ませた。実績では他の追随を許さないだけに、昨年のベスト4以上の成績に向けて、どんな初戦とするか。

 チーム糸谷は、糸谷哲郎八段(32)、山崎隆之八段(40)、服部慎一郎四段(21)の3人で構成。独創的な将棋が功を奏し、第1試合ではチーム糸谷にスコア5-2で快勝した。スコアは+3の余裕があり、この試合に敗れても3-5もしくは4-5であれば、予選通過が確定する。

 事前に行われたファンの勝利予想では、約1600票が集まり、53.6%がチーム康光の勝利を予想した。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第4回ABEMAトーナメント予選Bリーグ 第二試合 チーム康光VSチーム糸谷
第4回ABEMAトーナメント予選Bリーグ 第二試合 チーム康光VSチーム糸谷