バランス感覚がすごい!小兵・照強、妙技・掛け投げで190キロの巨体を転がす
番組をみる »

大相撲夏場所>◇九日目◇17日◇東京・両国国技館

 前頭十枚目・照強(伊勢ヶ濱)が前頭八枚目・剣翔(追手風)を掛け投げで下し、3勝目を挙げた。華麗な足技で体格差を制した照強の取組に、視聴者からは「内股一本!」「スローモーションのようだ」といった声が寄せられた。

【動画】華麗な掛け投げ

 身長169センチ、体重117キロの小兵として知られる照強。対する剣翔は身長182センチ、体重190キロと一回り大きな相手だったものの、立ち合い直後に素早く左の前みつを取った照強は、さらに右下手も奪取。力強く攻めながら前に出て、最後は右足を駆使した華麗な掛け投げで剣翔の巨体を土俵上に転がした。

 小よく大を制した照強の取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭・北太樹の小野川親方は「立ち合いから左の前みつを取りましたので、あそこから照強の流れが始まっていましたね」と勝負のポイントを指摘。続けて「その後も右を差して、合わすことなく頭をつけて自分の形を作っていきました」と語り、照強の勝因を分析した。

 190キロの巨体を足技で転がした照強に、視聴者からも「すごい!」「綺麗な勝ち方」「内股一本!」「スローモーションのようだ」「お手本のような掛投げ」といったコメントが相次いで寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

切れ味鋭い足技
切れ味鋭い足技
バランス感覚が抜群
バランス感覚が抜群
美しく鍛えられたふくらはぎ
美しく鍛えられたふくらはぎ