今場所一番ヒヤリ 照ノ富士、高安に押されっぱなしも逆転で全勝キープ
番組をみる »

大相撲夏場所>◇九日目◇17日◇東京・両国国技館

 幕内でただ一人全勝を守る大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が、先場所で黒星を喫した関脇・高安(田子ノ浦)と対戦。苦戦を強いられたものの、土俵際の叩き込みで逆転勝利を遂げて全勝をキープした。

【動画】ヒヤヒヤ勝利の瞬間

 照ノ富士の対戦相手となったのは、過去の幕内対戦成績が7勝12敗、直近では4連敗中と苦手力士である高安。この日の取組では立ち合いから激しく攻める高安に終始押し込まれ防戦となるものの、土俵際で重い腰を活かして叩き込み、辛くも9勝目を挙げた。際どい場面に物言いがついたが、高安の体が先に落ちており行司軍配通り照ノ富士が勝利を手にした。

 接戦となった一番を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭・北太樹の小野川親方は「高安も上手く距離を取っていましたね」と一言。続けて「高安は照ノ富士とまわしを取ってがっぷり組んでも相撲を取れる数少ない力士の一人だと思います」と説明しつつ、「今日は照ノ富士に軍配が上がりましたけど、相撲を見てると照ノ富士からしてもやりにくさがあったんじゃないかなと感じる取組でしたね」と語った。

 中日まで危なげない相撲に終始していた照ノ富士の辛勝に、視聴者からは「危なかった…」「やっぱ苦手なんだな」「ここまでで一番苦戦してる?」「ちょっとバタバタした」といったコメントが相次いで寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

大苦戦ながら勝利を拾った照ノ富士
大苦戦ながら勝利を拾った照ノ富士
バランス感覚が抜群
バランス感覚が抜群
美しく鍛えられたふくらはぎ
美しく鍛えられたふくらはぎ