新たな足技マスター誕生か 豊昇龍、2日連続で大関撃破 前日内掛け、この日は外掛け
番組をみる »

大相撲夏場所>◇九日目◇17日◇東京・両国国技館

 前頭五枚目・豊昇龍(立浪)が大関・正代(時津風)を外掛けで下し、4勝目を挙げた。前日に続き2日連続で大関を足技で撃破した豊昇龍に、視聴者からは「これはすごい!」「キレがあるな」といった声が寄せられた。

【動画】巨体を転がす足技の瞬間

 中日に大関・朝乃山(高砂)を内掛けで下し、初めて大関から白星を手にした豊昇龍。連日の大関戦となった九日目の取組では、立ち合い鋭く正面から当たった豊昇龍がもろ差しの姿勢になり、最後は素早い外掛けで正代に何もさせず勝ち星を挙げた。敗れた正代は4敗目を喫した。

 大関に2連勝した豊昇龍の取組に、ABEMAで解説を務めた元前頭・北太樹の小野川親方は「自信をつけたんですかね」と一言。また、華麗な足技で体格差を制した取り口について「昔の力士はこういう風に前に出る方が結構いらっしゃったんですけど、こういったところも豊昇龍のセンスが光る場所ですね」と称賛の声を送った。

 足技で2大関を制した豊昇龍に、視聴者からは「これはすごい!」「自然に足が出るなんて」「動き素早くてカッコイイ!」「足掛けの流れがキレイすぎる」「キレがあるな」といったコメントが続々と寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

切れ味鋭い足技
切れ味鋭い足技
バランス感覚が抜群
バランス感覚が抜群
美しく鍛えられたふくらはぎ
美しく鍛えられたふくらはぎ