渡辺明名人が初防衛に王手か、斎藤慎太郎八段が踏ん張るか 第4局開始/将棋・名人戦
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負の第4局が5月19日に長野県上高井郡「緑霞山宿 藤井荘」で午前9時から始まった。ここまで初防衛を目指す渡辺明名人(棋王、王将、37)が、初挑戦で初獲得を狙う斎藤慎太郎八段(28)を2勝1敗とリード。一気に防衛に王手をかけるか、挑戦者が踏ん張るか。

【中継】名人戦七番勝負第4局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 渡辺名人は、2000年4月に四段昇段。竜王戦2組(1組以上:15期)で、第78期名人(A級以上:11期)。タイトル獲得数28期は現役2位、歴代4位で竜王、棋王の2つで永世称号の資格を持つ。ヒューリック杯棋聖戦でも挑戦権を獲得。叡王戦でも本戦トーナメントで勝ち進むなど、さらにタイトル数を増やす勢いのある“現役最強”棋士だ。

 斎藤八段は、2012年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:2期)で、順位戦はA級初挑戦で名人への挑戦権を獲得した。2018年度に王座のタイトルを獲得。デビュー以来、高勝率を維持している棋士の一人で、長時間の対局では持ち前の粘り強さがさらに発揮される。

 両者の対戦は過去に8回あり、5勝3敗の五分。第1局では渡辺名人が終盤までリードした展開で指し進めていたが、最終盤に斎藤八段が逆転。第2、3局は渡辺名人が力を発揮し、いずれも快勝した。

 持ち時間は各9時間の2日制で、先手は渡辺名人。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

名人戦七番勝負第四局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
名人戦七番勝負第四局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
挑戦者の斎藤慎太郎八段が先勝!
挑戦者の斎藤慎太郎八段が先勝!
渡辺名人が連勝し2-1へ!
渡辺名人が連勝し2-1へ!