「東の王子」中村太地七段の“うさ耳”姿が大好評「かわいい!」「ほっこりしました」
番組をみる »

 将棋界きっての好青年で知られる中村太地七段(32)は、“うさ耳”をつけても爽やかだった。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」で、羽生善治九段(50)をリーダーとするチーム羽生の動画が公開された。羽生九段、中村七段、さらにかつらを飛ばすパフォーマンスでおなじみの佐藤紳哉七段(43)が、ゲームをしながら和気あいあいといった様子が収録されたが、中でもファンの心をきゅんとさせたのが中村七段。ゲームに負けての罰ゲームが、会心の一手になった。

【動画】中村太地七段の“うさ耳”姿

 中村七段はタイトル経験もあり各種メディアにも多数出演。その誠実な人柄で業界内外からの人望も厚い。整った顔立ちや振る舞いから「東の王子」とも呼ばれる。羽生九段とは、八王子将棋クラブの先輩・後輩の間柄だ。

 羽生九段、中村七段、佐藤七段は、特製のカードゲームで戦いながらトークに花を咲かせていたが、最終的に敗れたのは中村七段。事前に決めていた罰ゲームとして、うさぎの耳をつけることになった。

「東の王子」中村太地七段の“うさ耳”姿が大好評「かわいい!」「ほっこりしました」

 照れながらも“うさ耳”を装着すると、羽生九段から「かわいらしいですね」、佐藤七段から「似合う」と高評価が続出。さらにはポーズまで求められると、中村七段はさらに照れながらも、ぴょんぴょんとうさぎが跳ねる様子をやってみせた。

 このうさぎネタ、昨年の同大会で羽生九段がうさぎカフェを訪れ、自宅でもうさぎを飼っているところからつながっているものだが、めったに見られないイケメン棋士のうさ耳姿に、ファンも大喜び。「かわいい!」「ほっこりしました」と、目の保養になったとばかりに大きな反響が出ていた。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

レジェンド羽生善治九段がツアコンに?
レジェンド羽生善治九段がツアコンに?
イケメン棋士のうさ耳姿
イケメン棋士のうさ耳姿
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生