決めるか初防衛 渡辺明名人、斎藤慎太郎八段と第5局開始/将棋・名人戦
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負の第5局が5月28日、神奈川県足柄下郡「ホテル花月園」で午前9時から始まった。ここまで渡辺明名人(棋王、王将、37)が3勝1敗でリードし、初防衛に王手。このまま一気に決着をつけるか。初挑戦の斎藤慎太郎八段(28)が踏ん張り、大逆転での初獲得への狼煙を上げられるか。

【中継】名人戦七番勝負第5局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 渡辺名人は、2000年4月に四段昇段。竜王戦2組(1組以上:15期)で、第78期名人(A級以上:11期)。現役2位、歴代4位のタイトル28期で棋戦優勝も11回。竜王と棋王では永世称号の有資格者でもある。ヒューリック杯棋聖戦では挑戦者になっており、叡王戦でも本戦トーナメントに進出。さらにタイトル数を増やす勢いのある“現役最強”棋士だ。

 斎藤八段は、2012年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:2期)で、順位戦はA級初挑戦で名人への挑戦権を獲得した。2018年度に王座のタイトルを獲得。長時間対局でより実力を発揮するタイプで、鋭い踏み込みと粘り強さを併せ持つ実力者だ。

 今回のシリーズは第1局を斎藤八段が終盤に逆転して先勝。第2局からは渡辺名人が力強い将棋を貫き、3連勝を果たしている。両者の過去の対戦成績は、渡辺名人の6勝3敗。

 持ち時間は各9時間の2日制で、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

名人戦七番勝負第五局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
名人戦七番勝負第五局1日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生