渡辺明名人、勝てば初防衛の一局は優勢に 斎藤慎太郎八段は踏ん張りどころ 第5局/将棋・名人戦
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負の第5局2日目が5月29日、神奈川県足柄下郡「ホテル花月園」で行われている。渡辺明名人(棋王、王将、37)と斎藤慎太郎八段(28)の対局は、昼食休憩までに65手目まで進行。形勢は渡辺名人が優勢と見られている。渡辺名人は勝てば初防衛。斎藤八段は初の名人に向けてカド番で踏みとどまれるか。

【中継】名人戦七番勝負第5局2日目渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 雁木で始まった一局は1日目から激しい展開に。前例から離れたところから斎藤八段の攻めが続くと、徐々に渡辺名人も反攻。激しい攻め合いに入ったところで、1日目を終了した。やや有利と見られていた斎藤八段だが、封じ手・8九金のところで、ABEMAの「SHOGI AI」でも勝率は互角に。その後、さらに渡辺名人が巻き返し、現在では渡辺名人が優勢という状況になっている。また持ち時間でも渡辺名人が2時間近いリードを奪った。

 今回のシリーズは第1局で斎藤八段が終盤に逆転勝利。第2局から第4局は、渡辺名人が現在最多の三冠保持者の力を発揮、3連勝を収めた。渡辺名人にとっては、藤井聡太棋聖(王位、18)への挑戦を控える棋聖戦五番勝負、さらに本戦トーナメントで勝ち進んでいる叡王戦でもタイトル挑戦の可能性があり、四冠、さらには五冠とタイトルを増やす可能性もある。

 持ち時間は各9時間の2日制で、先手は斎藤八段。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

渡辺明名人 カツカレー 斎藤慎太郎八段 ナポリタンスパゲティ

【昼食休憩時の残り持ち時間】

渡辺明名人 4時間14分(消費4時間46分) 斎藤慎太郎八段 2時間22分(消費6時間38分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第79期 名人戦七番勝負 第五局 2日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
第79期 名人戦七番勝負 第五局 2日目 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生
第4回ABEMAトーナメント 予選Cリーグ 第二試合 チーム豊島VSチーム羽生