渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段 ベスト4かけ対局開始 名人戦と同カード/将棋・叡王戦
番組をみる »

 将棋の叡王戦本戦トーナメント2回戦が6月1日に行われ、渡辺明名人(棋王、王将、37)と、斎藤慎太郎八段(28)が午前10時から対局を開始した。ベスト4最後の1枠をかけた対局で、勝者は準決勝で佐々木大地五段(26)と対戦する。

【中継】叡王戦 本戦トーナメント 2回戦 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段

 渡辺名人は、2000年4月に四段昇段。竜王戦2組(1組以上:15期)で、第79期名人(A級以上:12期)。現役2位、歴代4位のタイトル29期で棋戦優勝も11回。竜王と棋王では永世称号の有資格者だ。6日から行われるヒューリック杯棋聖戦五番勝負では、藤井聡太棋聖(王位、18)に挑戦。4つ目のタイトルに照準を合わせている。

 斎藤八段は、2012年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:2期)で、順位戦はA級(A級:2期)。端正なルックスと、柔らかい話し方から「西の王子」とも呼ばれ、劣勢になっても諦めない粘り強さと、詰将棋力に支えられた終盤力に定評がある。

 両者は名人戦七番勝負でも対戦し、渡辺名人が4勝1敗で初防衛に成功。斎藤八段からすれば、この叡王戦ではタイトル挑戦に向けて、リベンジを果たしたいところだ。

 本戦トーナメントは藤井王位・棋聖、丸山忠久九段(50)、佐々木五段が勝ち残っており、ベスト4入りを果たせば来期は本戦から出場のシード権を獲得できる。

 本局の持ち時間は各3時間で、振り駒の結果、先手は斎藤八段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

叡王戦 本戦トーナメント 2回戦 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
叡王戦 本戦トーナメント 2回戦 渡辺明名人 対 斎藤慎太郎八段
順位戦 B級1組 藤井聡太王位・棋聖 対 稲葉陽八段
順位戦 B級1組 藤井聡太王位・棋聖 対 稲葉陽八段
ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人
ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人