渡辺明名人、藤井聡太棋聖に挑戦「今年はタイトルを持った同士。フラットな戦い」/将棋・棋聖戦五番勝負
番組をみる »

 将棋のヒューリック杯棋聖戦五番勝負が6月6日に開幕する。最年少でのタイトル防衛を目指す藤井聡太棋聖(王位、18)と、渡辺明名人(棋王、王将、37)との対戦になったが、防衛・挑戦の立場は違えど、昨年と同じカードに。リベンジに向かう渡辺名人は「今年はタイトルを持った同士。フラットな戦い」と“最強の挑戦者”としての意気込みを語った。前日5日に行われた会見の内容は以下のとおり。

【動画】渡辺明名人、前日会見

-昨年、棋聖を失った後、名人を手にして王将、棋王を防衛して、さらに1年経って名人を防衛し抜群の安定感です。渡辺名人なりの1年の振り返りの評価をお願いします。

 昨年、藤井さんと初めての番勝負がこの棋聖戦で、そこから番勝負での対戦はそれ以来ですし、昨年は自分としては負けてしまっているので、1年越しにまたこうして、対戦できる機会が来たというのはうれしく思います。タイトルを持ったまま、また藤井さんと対戦できる、こういう状況に持ってこられたのはよかったです。

-四冠を狙うことになりますが、調子はどうですか。

 あまり状態は変わりなく来ています。対局も1月から続いているので、それは変わりなく来ていると思いますが、藤井さんと1年ぶりのタイトル戦で昨年負けてしまっているので、1年間でどういった変化をつけられるかが焦点になってくるかと思います。

-昨年は名人戦と並行しての棋聖戦でした。今回は名人戦を早々に決着したので、棋聖戦に絞れるようなことはありますか。

 昨年は緊急事態宣言明けの6月から、いろいろな対局が一気に動き始めて、日程的に厳しいところはあったと思いますが、タイトル戦が並行したりということはよくあることです。昨年6月、7月が特別厳しかったわけではないですが、今年はそれとは状況が違うし、先週まで名人戦やっていたので、この棋聖戦の準備を始めたのはそれが終わってからです。ここからこの番勝負に、時間をかけて作戦なんかも構築していけるところはあると思います。

-渡辺名人は数年前より今の方が強いという声もあります。自分での手応えはいかがですか。

 成績的には20代後半の時に1回、三冠まで行って、その時と今との比較になると思いますが、やっている将棋のアプローチが全然違うので、なかなか比較が難しいとは思います。20代後半の時は読みのスピードと経験がマッチして一番いい時期でしたが、今は今でその時とはまた違うやり方でフィットして、成績的には出るようになった。勝てていた要因がまた違うので、20代後半の三冠の時とは。今は年齢的には37なんで、今の状態をどれだけ続けられるかを考えてやっています。

-どういうところを注目してほしいですか。

 昨年の棋聖戦がすごく反響が大きいシリーズだったので。昨年の番勝負から印象に残る手もいくつかありましたし、賞を取ったような将棋も多かったです。今年もそういった番勝負を目指していきたいというところと、藤井さんがこれだけずっとデビューから注目されて、昨年タイトルを2つ取られて、今は押しも押されもせぬトップ棋士。自分もタイトルを3つ持ったいい状態で戦えるので、そこの技術的なところに注目していただきたいというのはあります。将棋ファンの期待に応えるような将棋を指していかないといけない、という気持ちはあります。

-防衛と挑戦、立場が違うことによる気持ちの違いはありますか。

 昨年は藤井さんがやっぱりタイトルを持っていなかったですし、挑戦者と受ける側という構図はありましたが、そこから藤井さんがタイトルを2つ取られて、押しも押されもせぬトップ棋士に成長されて、今年はフラットな戦いになるのが昨年と違います。昨年は挑戦を受けるというところで、まだ藤井さんの地位が実力に追いついていない状況でしたから、タイトルを取られて、そこによる状況の違いは、昨年と比べるとあります。それがすごく盤上の技術に影響するわけではないですが、ここから先はフラットな戦いになります。お互いトップ棋士同士で、タイトルを持った同士でやるので。昨年とは違うところの戦いの、その始まりという位置づけになるとは思います。

-今日、藤井さんの様子で感じたものはありますか。

 今のところ、まだそんなに検分ぐらいでしか見ていないですが(笑)明日一日、将棋盤を挟んで対戦するので、明日やって去年との違いとか、そういったところは感じられるとは思います。今の段階では、去年との違いはまだあまり把握できていないです。

-今回は(挑戦決定から番勝負までに時間があり)それなりの準備ができたと思いますが、どういう戦略でしょうか。

 藤井さん相手に特化した作戦はないんですが。相手が藤井さんだからどうというよりは、ここまでやってきた自分の指し方を出すというところと、昨年4局同じ持ち時間でやっているんで、そのへんは今年はなんとなく活かせるかなと。1年経ってしまっているんで、このシリーズが1局、2局と進んでいく中で、最近の藤井さんの特徴をつかんで、対策として出していければいいと思います。特別相手が藤井さんだから、そういう指し方っていうのは今のところないです。あくまで普段どおりに自分らしい指し方をして、という感じでやろうと考えています。

-藤井棋聖は終盤の寄せ合いにすごく強いですが、それまでに差をつけたいなど思惑はありますか。

 昨年4局やって、自分が勝った将棋とか、負けた将棋とか、当然勝ちパターン、負けパターンというのは当然あると思います。ただなかなかそういう展開になるはずはないので、普段どおりにやって、少ないチャンスを掴むというか、そんなにいっぱいチャンスボールが来ないと思うので、好球必打じゃないですが、そういう感じで向かっていければと思っています。

ABEMA/将棋チャンネルより)

棋聖戦 - 第92期 - 「棋聖戦前日記者会見」 渡辺明名人インタビュー
棋聖戦 - 第92期 - 「棋聖戦前日記者会見」 渡辺明名人インタビュー
第92期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人
第92期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人
第92期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人
第92期 ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第一局 藤井聡太棋聖 対 渡辺明名人