レジェンド羽生善治九段「大変申し訳ない」とお辞儀連発シーンがファンに好評「新人のような腰の低さ」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界のスーパースターに、あれだけ何度も頭を下げられたら周囲が恐縮しまくりだ。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Cリーグ第3試合、チーム羽生とチーム木村の対戦が6月5日に放送された。この対戦で羽生九段は、第5局から第7局まで“3連投”。周囲への気配りも忘れないレジェンド棋士が、続けて登場する度に「申し訳ないです」と、何度もかつ深々とお辞儀するというシーンが生まれた。

【動画】恐縮しまくる羽生九段

 この試合にスコア5-2以上で勝たなければ予選敗退が決まる状況だったチーム羽生。中村太地七段(33)の3連勝もあり、3-1とリードした状況で第5局を迎えた。出場棋士を決めるオーダー会議で「そろそろ私も。5局目なので出ないと」と笑顔で対局に臨んだが、結果は佐々木勇気七段(26)に完敗。3-2と、あと1敗もできない状況に追い込まれてしまった。

 1試合で、棋士は3局までしか指せないルール。絶好調・中村七段は出場できず、窮地の第6局は羽生九段か佐藤紳哉七段(43)か、ということになったが、ここはリーダーの責任もあり、2局連続での出場を決定。「続けて出るのは大変申し訳ない。申し訳ないんですが…」と、繰り返し頭を下げる様子に、ファンからは「可愛い」「人柄が凄く良いなぁ」「永世七冠なのに新人のような腰の低さ」と、その丁寧さや微笑ましさについて反響が生まれていた。

 この第6局で池永天志五段(28)に勝利、4-2としてチーム木村戦の勝利にもあと1つと迫ったが、負けたら終わりの状況は変わらない。第7局前のオーダー会議でも、前局を振り返った後、「さて…」とつぶやくと中村七段が「次は大きな…」、佐藤七段も「大きな…一局ですね」と、雰囲気を察するような口ぶり。羽生九段も「そうですね」とひとことつぶやくと、3人揃って大笑いすることにもなった。改めて羽生九段が「申し訳ありませんが。次も私が行かせていただきます。引き続きすいません」と、またもお辞儀の連打となったが、ファンは気迫の“3連投”に「やっぱり羽生さんは魅せる」「これはすごいわ」「羽生さん楽しそう」と大興奮になった。

レジェンド羽生善治九段「大変申し訳ない」とお辞儀連発シーンがファンに好評「新人のような腰の低さ」/将棋・ABEMAトーナメント

 結果、第7局では佐々木七段に勝利し、スコア5-2でチームも勝利。予選Cリーグは3チーム横並びの大混戦になったが、その後の抽選で羽生九段が当たりくじを引いたことで本戦出場が決定した。タイトル99期・永世七冠など、記録という記録を保持するスーパースターだが、その謙虚さ・低姿勢が幸運の逆転劇を呼んだのだろうか。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

恐縮しながらも魂の3連投
恐縮しながらも魂の3連投
チームメイトに勝利を報告する羽生九段
チームメイトに勝利を報告する羽生九段
若手・池永五段についても羽生九段はさらさら説明
若手・池永五段についても羽生九段はさらさら説明