大谷翔平、5四死球の大乱調で1回もたず降板 ヤ軍本拠地88年ぶり、ベーブ・ルース以来の“リアル二刀流”も
番組をみる »

【米大リーグ】ヤンキース-エンゼルス(30日・ニューヨーク/ヤンキー・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が30日(日本時間1日)、ヤンキース戦に「1番・投手」で先発出場を果たし4勝目に挑むも、1回途中41球、5四死球の大乱調で1回もたず7失点でマウンドを降りた。

【映像】大谷が“リアル二刀流”で出場した試合の模様

大谷翔平、5四死球の大乱調で1回もたず降板 ヤ軍本拠地88年ぶり、ベーブ・ルース以来の“リアル二刀流”も

 この日、今季12試合目となる先発マウンドに立った大谷。ヤ軍本拠地としては1933年10月1日、ベーブ・ルース氏が「3番・投手」で出場して以来、じつに88年ぶりとなる“リアル二刀流”での出場で注目を集め、初回には味方の2ランで幸先よく援護射撃を受けたが、現地気温32度の暑さの影響か制球に苦しんだ。

 先頭から3者連続の四球で満塁にすると、4番・スタントンにレフト前にはじき返され1点を返され、さらに5番・トーレスにもレフト前に運ばれ同点。6番・オドーアからはスプリットで三振を奪って1アウトを取るも、7番・アンドューハの三ゴロの際に1点を奪われ逆転を許した。その後も制球は定まらず、8番のフレージャーに死球を与えると、2アウト満塁から9番のガードナーに押し出しの四球を与え、4点目を許したところでマウンドを降りた。

大谷翔平、5四死球の大乱調で1回もたず降板 ヤ軍本拠地88年ぶり、ベーブ・ルース以来の“リアル二刀流”も

 なお、大谷の1打席目はセンターフライ。マウンドから降りた大谷は守備につくことなくこのゲームを終えた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷が“リアル二刀流”で出場した試合の模様
【映像】大谷が“リアル二刀流”で出場した試合の模様