初優勝へ好発進!前回準Vチーム渡辺、イケメン三人衆に快勝スタート/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 やはり優勝候補だ。プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Eリーグ第2試合、チーム渡辺とチーム斎藤の対戦が7月11日に放送され、チーム渡辺がチーム斎藤にスコア5-2で勝利し、チーム初戦で好スタートを切った。前回は所司一門で固めて準優勝を果たしたが、今年は新戦力も加えて頂上を目指す。

【動画】勝利を振り返るチーム渡辺の3人

 ファンを楽しませながら勝ち進む。そんなチームカラーを貫いての快勝だ。チーム渡辺は、渡辺明名人(棋王、王将、37)をリーダーに弟弟子の近藤誠也七段(24)、弟のようにかわいがる戸辺誠七段(34)という3人組。特に今年からチームに入った戸辺七段には盤上の戦いだけでなく、盤外での活躍も期待された。

 リーダーこそ渡辺名人だが、チームの層の厚さを感じさせるのは近藤七段の存在だ。順位戦ではB級1組に所属。近い将来、タイトル戦にも登場を予想されるほど高い勝率を誇る期待の若手だが、第1局からいきなり力を出した。相手のリーダー斎藤慎太郎八段(28)と戦うと、相居飛車から積極的に仕掛けてきた斎藤八段の攻めを切り返し、ペースを握ってからは手堅い指し回し。対局中、観戦していた渡辺名人が「ちょっと風呂行ってくるか、もう」と信頼するほどの安定感で、94手で勝利した。スコア3-2で迎えた第6局でも、都成竜馬七段(31)を下して個人2連勝。チームの勝利に大きく貢献した。

初優勝へ好発進!前回準Vチーム渡辺、イケメン三人衆に快勝スタート/将棋・ABEMAトーナメント

 一方、初出場でドタバタしたのが戸辺七段だ。第2局でプライベートでも交流がある都成七段と対戦したが、「硬くなってしまいました。ボロボロになって全然真っ白になっちゃって…」と語るほどの緊張で、力を出せずに敗戦。渡辺名人からも「ひどい将棋だった(笑)」と愛あるイジリを受けることにもなってしまった。それでも第4局に村山慈明七段(37)に勝利して大会初勝利を挙げると、ようやく表情にもリラックした笑みが。決定局となった第7局でも再び村山七段に勝利し、終わってみれば2勝1敗と勝ち越した。

 リーダー渡辺名人は、第3局で都成七段に貫禄勝ち。第5局では名人戦七番勝負でも戦った斎藤八段に敗れたものの、最終盤まで見どころ十分の大熱戦。「負けてもね、こういう将棋を指さないといけないんですよ。ははは」と余裕の笑いを見せたほか、仲間の対局を観戦しながら、様々なリアクションやコメントを残し、ファンを楽しませた。

 試合後、渡辺名人は「2人が2勝ずつ挙げてくれたので助けられた感じです」と、後輩2人の労をねぎらったが、その直後に「親しいので、ひどい将棋はひどいと叱咤激励してやっていこうと思います」と、ニヤリと笑った。盤外でもファンサービスに積極的な渡辺名人の口が滑らかな限り、このチームの快進撃は止まらない。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

快勝したチーム渡辺
快勝したチーム渡辺
今年は野球風うちわ
今年は野球風うちわ
親しいからこそきついダメ出し
親しいからこそきついダメ出し