「強すぎワロタ」「なんなんだよ」ファンも呆れる白鵬の10連勝 完全復活に解説力士も「現実がこれです」
番組をみる »

大相撲七月場所>◇十日目◇13日◇名古屋・ドルフィンズアリーナ

 横綱・白鵬(宮城野)が前頭五枚目・隠岐の海(宮城野)を寄り切りで下し、初日から10連勝となる勝ち星を挙げた。圧倒的な相撲内容に、視聴者からは「強すぎワロタ」「文句なしだな」といった声が寄せられた。

【動画】強すぎて笑えてくる白鵬

 立ち合い右手で張っていった白鵬は、左四つに組むと上手を引いて一気に攻め、隠岐の海に何もさせずに寄り切って完勝した。大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱)と揃って無傷の10連勝を遂げ、優勝争いのツートップを並走する形となった。敗れた隠岐の海は5敗目を喫した。

 圧勝した白鵬の取組に、ABEMAで解説を務めた元小結の旭道山は「これが横綱です。もう何も言うことはないんですよ」と諸手を挙げて称賛。同じくABEMAで実況を務めた清野茂樹アナウンサーから「優勝争いは完全に白鵬と照ノ富士の2人に絞られましたね」と言われると、旭道山は「やっぱり現実はこれですからね」と語った。

 白鵬のあまりの実力に、視聴者からは「強すぎワロタ」「なんなんだよ」「鮮やか」「あっさり!」「万全かよ」「文句なしだな」と呆れ気味の声も相次いで寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

炎鵬、諦めないタックル
炎鵬、諦めないタックル
巨漢が上から!
巨漢が上から!
跳ぶと見せかけて下へ!
跳ぶと見せかけて下へ!