白鵬、照ノ富士が全勝キープ 優勝争いは2人に 高まる千秋楽結びの一番“優勝決定戦”への期待
番組をみる »

大相撲七月場所>◇十三日目◇16日◇名古屋・ドルフィンズアリーナ

 優勝争いのトップを並走する横綱・白鵬(宮城野)と大関・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が全勝を守り、初日から無傷の13連勝を遂げた。千秋楽での直接対決に向け、視聴者からは「全勝対決が見たい!」「どっち勝つんだろう」と期待の声が相次いで寄せられた。

【動画】13連勝の白鵬

 照ノ富士は大関・正代(時津風)と対戦。途中攻め込まれて土俵際でヒヤリとする場面もあったものの、耐えて持ち直すと反撃に転じ、大関対決を押し出しで勝利。一方の白鵬は結びの一番で元大関の関脇・高安(田子ノ浦)と対戦し、立ち合い張り差しで出足を止めると相手の右手を素早く奪取、抜群の相撲センスでとったりを決めて勝ち星を挙げた。これで優勝争いは白鵬と照ノ富士の2人に絞られる形となった。

 白鵬と照ノ富士の13連勝を受けて、ABEMAで解説を務めた元小結の臥牙丸は「楽しみですね、あと2日間」と一言。続けて「千秋楽がとても楽しみじゃないですか。照ノ富士関は横綱がかかっているし、横綱は久しぶりの優勝がかかっているから、2人とも凄く力を出しますので、面白いと思います」と語り、千秋楽結びの一番に期待を寄せた。

 連勝が止まらない白鵬と照ノ富士の活躍に、視聴者からも「強すぎる」「圧倒的だな」「千秋楽の全勝対決が見たい!」「どっち勝つんだろう」「全勝決戦間違いなし」と直接対決での“優勝決定戦”に期待する声が続々と寄せられた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

大迫力の張り手合戦
大迫力の張り手合戦
大きな相手に必殺の反り技
大きな相手に必殺の反り技
1人はダイブ、1人はターン
1人はダイブ、1人はターン