大谷翔平、敗色ムードを一撃で一掃 ファンを沸かせる超特大の36号に喝采の声「これはMVP」「凄い音したな」
番組をみる »

【米大リーグ】エンゼルス-ロッキーズ(7月27日・日本時間28日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

【動画】大谷翔平の36号は141メートルの豪快弾

 エンゼルスの大谷翔平投手がロッキーズ戦に「2番・DH」で先発出場し、5回の第3打席に2試合ぶりの36号2ランを放った。ロッキーズの10点リードと一方的な試合展開となっていたものの、スーパースターのド派手な一発にエンゼル・スタジアムは一気にお祭り騒ぎに。日本のファンからも「これはMVPですわ」「一発で満足させる男」と喝采が送られた。

 第1打席は痛烈なファーストライナー、無死一・二塁のチャンスだった第2打席は空振り三振に倒れていたこの日の大谷。2死三塁で迎えた第3打席も2球で追い込まれたが、自打球を太もも付近に当てながらもファールで粘って迎えた6球目だった。ど真ん中に入った失投ぎみの変化球を完璧に捉えると、打った瞬間に実況も「文句ない!」と絶叫する36号2ラン。打球初速度は110.4マイル(177.7キロ)、打球角度は26度、飛距離は463フィート(141メートル)と、右中間スタンド中段まで到達する特大の一発となった。

 ホームランに合わせてスタジアムに恒例の花火が打ち上がると、敗色濃厚なゲームに辟易しつつあったエンゼルスファンも大盛り上がり。日本で中継を見守っていた視聴者からも「完璧やああああ」「鳥肌」「はいバケモン」「見ててよかった」「これはMVPですわ」「やっぱ凄いな!」「一発で満足させる男」と称賛のコメントが殺到した。

 また、ボールを破壊するかのような凄まじい打球音に「バキャって凄い音したな」「音最高すぎる」「ガキッッッていってた」「音がすげえええ」と戦慄するファンも続出。36号は2位のゲレロJr.(ブルージェイズ)に4本差をつける両リーグトップの数字であり、さらに78打点は打点王争いでトップを走るディバース(レッドソックス)までわずか3打点差。オールスター後に陥った一時的な不調が嘘のように、7回1失点で5勝目を挙げた翌日の特大の一発と、投打双方での規格外の活躍がいよいよ止まらなくなってきた。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平 第3打席は特大の第36号2ランホームラン
大谷翔平 第3打席は特大の第36号2ランホームラン
サードが弾いてショートへ
サードが弾いてショートへ
エンゼルス vs ロッキーズ 2021.7.28
エンゼルス vs ロッキーズ 2021.7.28
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE