振り飛車侍・菅井竜也八段、意地と誇りで山崎隆之八段に逆転勝利 チームも本戦初勝利/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント2回戦第3試合、チーム糸谷とチーム菅井の対戦が8月21日に生放送され、第3局でチーム菅井のリーダー菅井竜也八段(29)が、チーム糸台・山崎隆之八段(40)に120手で勝利した。チームは第1局から2連敗を喫し、悪い流れに入り込んだところを、振り飛車党のエースが、苦戦の中でもそれを断ち切る一局を作り上げた。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井

 郷田真隆九段(50)、深浦康市九段(49)という先輩2人が惜しくも星を落としたところを、リーダーが強い心で踏ん張った。菅井八段は後手番から三間飛車を採用。山崎八段の飛車と対抗形になると序盤こそ互角だったが「中盤からかなり苦しい形」と振り返るほど不利、さらには劣勢に。それでも歯を食いしばるようにしぶとく指し回すと形勢を戻し、さらに終盤では激しい戦いに。「最後まで一生懸命指したのがよかった」というように、勝負どころでさらに集中力を高めるように、勝利を手繰り寄せた。

 解説を務めた遠山雄亮六段(41)は「激戦でした。菅井八段は終盤が強い。かなり苦しかったと思います。山崎八段としては悔やまれる。途中までは山崎八段のペース。それをひっくり返した」と説明。チーム菅井のチーム名は「一刀流」。振り飛車という刀で、この超早指しでは抜きん出た強さを見せる侍が、まだまだ鋭い太刀筋を見せる。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井
格闘技の煽りVTR風PVが完成!
格闘技の煽りVTR風PVが完成!