超早指しでも格調高く 郷田真隆九段、若手・服部慎一郎四段を一蹴「自分の持ち味が出た」/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 プロ将棋界唯一の団体戦「お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント2回戦第3試合、チーム糸谷とチーム菅井の対戦が8月21日に生放送され、第5局でチーム菅井・郷田真隆九段(50)がチーム糸谷・服部慎一郎四段(22)に122手で勝利した。郷田九段はこの日、初勝利。チームとしてはスコア3-2と勝ち越しに成功した。

【中継】お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井

 服部四段の先手番・相掛かりから始まった一局だが、郷田九段は代名詞でもある格調高い指し回し。服部四段の手を逆用するような手から一気にペースを掴むと、着実に相手玉へのプレッシャーを強め、自玉の堅さも活かす本筋の将棋。「後手番ながら攻める展開で自分の持ち味が出る展開になりました」と、自らも納得の勝利となった。ファンからも「これが見たかった」「郷田先生、流石だな」「さすがに格調高いわ」と、待望の勝利に祝福のコメントが大量に寄せられていた。

 解説を務めた遠山雄亮六段(41)も「郷田九段の快勝譜でした。お手本のように歩をと金として、相手の戦力を奪って挟撃もあった」と、理想的な勝利だったと説明。チームメイトの元に戻った郷田九段は「ようやくチーム戦らしくなった」と語ったが、このベテランの力がフルに発揮されれば、チーム力は何倍にも跳ね上がる。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井
お~いお茶presents第4回ABEMAトーナメント チーム糸谷VSチーム菅井
格闘技の煽りVTR風PVが完成!
格闘技の煽りVTR風PVが完成!