初出場・千田翔太七段、羽生善治九段に72手で快勝 2回戦で藤井聡太王位・棋聖と対戦/将棋・JT杯
番組をみる »

 将棋の早指し棋戦・将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の1回戦第4局が8月28日に行われ、千田翔太七段(27)が羽生善治九段(50)に72手で勝利した。千田七段は2回戦で、藤井聡太王位・棋聖(19)と対戦する。

【中継】「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段

 前年度の賞金ランキング10位で、今大会初出場を果たした千田七段は、32年連続出場の常連・羽生九段に対して、後手番から角換わりの一局に。中盤でお互いの駒がいくつもぶつかる激しい展開になったが、居玉の羽生陣に対して、玉頭となる5筋から分厚い攻めを展開。短い手数の中で大きく形勢でリードすると、秒読みに入った後でも確実に勝勢を守り快勝。突如訪れた大きな勝機を逃さなかった。

 JTプロ公式戦は前年覇者、タイトルホルダー、賞金ランキング上位者から12人が選出されるトップ棋士たちによるトーナメント戦。持ち時間は各10分、切れたら1手30秒未満、各5分の考慮時間。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
2021年度「将棋日本シリーズ」一回戦第四局 羽生善治九段 対 千田翔太七段
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦