大谷翔平、敵野手のフェイントに大慌て…「やめて!」と“叩く”ような仕草も 引っ張らず2試合ぶりマルチにファン「明日が楽しみ」「よい傾向」

【米大リーグ】エンゼルス1-3アスレチックス(9月18日・日本時間19日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。期待された7試合ぶりの一発こそ出なかったが、2試合ぶりのマルチ安打を放った。第3打席、バットを折りながらのレフト前ヒットに続き、第4打席では逆らわずセンター前へクリーンヒット。その後、一塁に到達した大谷は、相手野手のフェイントに慌てる素振りを見せて帰塁すると、右手を振って「やめて、ビックリさせないで」と言わんばかりの叩くようなジェスチャーを笑顔で披露。内容を伴った2打席、さらに大谷のどこか吹っ切れた様子にファンからは「明日が楽しみ」「よい傾向」などの声が上がった。

【映像】叩くような仕草で笑顔を見せる大谷翔平

 2点を追う9回、先頭打者として打席に入った大谷は、ア軍4番手・左腕のチャフィンと対戦。3球目、92マイルの真っすぐを逆らわずに弾き返した打球はセンターの前へと運ぶクリーンヒットとなった。

 余裕をもって一塁をオーバーランして二塁をうかがう様子を見せた大谷は、内野の中継にボールが戻ったことを確認しながらゆっくりと一塁へ。しかし次の瞬間、フェイントにでもあったか、2度3度振り返ったかと思うと、一転して大慌てで一塁へ帰塁した。

 一塁に帰塁した大谷は振り返ると、右手を振り下ろして「やめて、ビックリさせないで」とでも言いたそうに叩くような仕草を見せると、一塁手のオルソンと談笑を繰り広げた。

 2試合ぶりのマルチとなる一打にABEMAで解説を務めた元メジャーリーガーの五十嵐亮太さんは「前の打席もそうだが、強引に引っ張らずに反対方向にきっちりとヒットを打つ。こういった打席を重ねることによって、反対方向のホームランであったり、前半戦のあの活躍に繋がってくる」と述べ、残りのシーズンでの復調に期待を示した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平、敵野手のフェイントに大慌て…「やめて!」と“叩く”ような仕草も 引っ張らず2試合ぶりマルチにファン「明日が楽しみ」「よい傾向」
【映像】叩く仕草で笑顔を見せる大谷翔平
敵野手のフェイントに大慌て→「やめてよ!」と叩く仕草で応戦する大谷翔平
大谷翔平、敵野手のフェイントに大慌て…「やめて!」と“叩く”ような仕草も 引っ張らず2試合ぶりマルチにファン「明日が楽しみ」「よい傾向」
【映像】センターへのクリーンヒットを放った大谷