大谷翔平、先発登板なのに快速セーフティバント 投手正面で間一髪アウトもファン驚き「脚はっや」「ギリギリやん」
番組をみる »

【米大リーグ】エンゼルス-アスレチックス(9月19日・日本時間20日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

【動画】大谷翔平の快速セーフティバント

 エンゼルスの大谷翔平投手がアスレチックス戦に「2番・投手」で先発出場し、2点ビハインドの6回に相手の意表を突くセーフティバントを試みた。際どいタイミングでアウトになったものの、ファンからは「脚はっや」「勝ちへの執念がすばらしい」といった声が上がっている。

 1918年のベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」を目指してマウンドに上がった大谷だったが、この日は2本のソロホームランを浴びて2失点。一方、アスレチックスの先発・モンタスは5回まで被安打1で無失点という素晴らしい投球を見せ、エンゼルス打線は攻略の糸口を見つけられずにいた。

 第1打席は四球、第2打席は申告敬遠と、2打席連続で勝負を避けられていた大谷は、0対2の6回に先頭打者として第3打席を迎えた。多くのファンが8試合ぶりの一発を期待する中、大谷は初球からセーフティバントという奇策に打って出た。

 ボールはモンタスのほぼ正面に転がり、落ち着いたフィールディングもあって一塁は間一髪でアウトの判定。しかしバントのコースが甘くてもクロスプレーまでもつれ込む俊足ぶりに、ファンからは「脚はっや」「ギリギリやん」「惜しいな」「しかし速いなぁ」などあらためて驚きの声が続出した。

 投球への影響も考慮してか、初回の出塁時には小さなリードで盗塁の素振りを見せなかった大谷。しかし試合も終盤にさしかかるところで、全力疾走でスタミナを使いながらも自ら突破口を開こうとするプレーを見せ、視聴者コメント欄には「勝ちへの執念がすばらしい」「なんとかしたいという気持ち」「チームを鼓舞するよ、これは」といったコメントも寄せられた。

 46本のゲレロJr.(ブルージェイズ)を2本差で追う本塁打王争いの真っ只中にいる大谷。投手としての疲労も顧みず、かつシーズン終盤の貴重な打撃機会をひとつ潰してでも出塁を目指す姿勢に、あらためて多くのファンが感銘を受けたようだ。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)
 

【動画】鋭く落ちるスプリット
【動画】鋭く落ちるスプリット
【動画】相手選手に微笑む大谷翔平
【動画】相手選手に微笑む大谷翔平
【動画】大谷翔平の快足セーフティバント
【動画】大谷翔平の快足セーフティバント
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE