大谷翔平、今季の名シーンに決定!気迫の奪三振から雄叫び&ガッツポーズに球場総立ち「心が震えた」「こんなん惚れるわ」

【米大リーグ】エンゼルス2-3アスレチックス(9月19日・日本時間20日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

【動画】大谷翔平の雄叫び&ガッツポーズ

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」でアスレチックス戦に先発出場し、8回108球を投げて5安打2失点10奪三振の好投を見せた。チームは2対3で敗れ、「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」の偉業達成は次回登板以降に持ち越されたが、8回2死満塁から10個目の三振を奪ったシーンでは気迫を前面に押し出した雄叫びとガッツポーズを披露。今季のハイライトとして記憶されるような勇姿に、日米のファンが熱狂した。

 今季ここまで9勝を挙げ、1918年に投手で13勝7敗、打者で11本塁打を記録したベーブ・ルース以来103年ぶりとなる「2ケタ勝利・2ケタ本塁打」にリーチをかけていた大谷。この日は序盤から決め球のスプリットが冴え渡り、7回には3者連続で空振り三振を奪う快投を見せた。

 自身もセーフティバントを試みるなど突破口を開こうとしたものの、アスレチックスの先発・モンタスの前に打線が沈黙し、7回終了時点で2点をリードされていたことから大谷は8回もマウンドへ。しかし四球、敬遠、死球とノーヒットでランナーを溜めてしまい、1死満塁のピンチを招く。5番のローリーは1球で遊フライに仕留めたものの、なおも2死満塁の状況で4回に一発を浴びているチャプマンを打席に迎えた。

 すでに投球数が100球を超えていた大谷だが、ここでさらにギアを上げる。カウント1-2と追い込んだ直後の4球目には、この日最速となる99マイル(約159.3キロ)をマーク。いつになく気迫の込もった大谷のピッチングを、エンゼル・スタジアムに詰めかけた地元ファンは「MVP!MVP!」という熱いコールで鼓舞した。

 カウント2-2からの6球目、切れ味鋭いスプリットにチャプマンのバットが空を切ると、大谷は思わずマウンド上で雄叫び。さらに拳に力を込めたガッツポーズを二度、三度と繰り出して感情を爆発させ、総立ちの観客から万雷の拍手を浴びた。

 現地映像でもさっそく同シーンのリプレーが繰り返し放送されるなど、今季のハイライトのひとつに数えられそうな勇姿に、早朝から試合を見守っていた日本のファンも大興奮。ABEMAの視聴者コメント欄には「心が震えた」「こんなん惚れるわ」「かっこよすぎるんよ」「ヒーローなんだわ」「いいもん見れました」といった絶賛の声が無数に寄せられた。偉業達成はお預けとなったが、持てる力を振り絞って8イニングを投げ切った名シーンは、日米を問わず多くのファンの記憶に残り続けるに違いない。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)
 

大谷翔平、今季の名シーンに決定!気迫の奪三振から雄叫び&ガッツポーズに球場総立ち「心が震えた」「こんなん惚れるわ」
【動画】鋭く落ちるスプリット
ABEMA
大谷翔平、今季の名シーンに決定!気迫の奪三振から雄叫び&ガッツポーズに球場総立ち「心が震えた」「こんなん惚れるわ」
【動画】相手選手に微笑む大谷翔平
ABEMA
大谷翔平、今季の名シーンに決定!気迫の奪三振から雄叫び&ガッツポーズに球場総立ち「心が震えた」「こんなん惚れるわ」
【動画】大谷翔平の快足セーフティバント
ABEMA
大谷翔平、今季の名シーンに決定!気迫の奪三振から雄叫び&ガッツポーズに球場総立ち「心が震えた」「こんなん惚れるわ」
SPOZONE
SPOZONE