大谷翔平、10試合ぶりの45号は「打った瞬間」の完璧弾!待望の一発に「ほんま嬉しい」とファン歓喜
番組をみる »

【米大リーグ】エンゼルス5-10アストロズ(9月21日・日本時間22日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

【動画】大谷翔平、完璧な45号

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場したアストロズ戦で、8回に10試合ぶりの45号ソロを放った。インコースの速球を完璧に捉えた一打に、大谷の一発を待ちわびていたファンは大喜び。「ほんま嬉しい」「鳥肌半端ない」といったコメントが殺到した。

 同日開催の試合で本塁打王争いのトップを走るゲレロJr.(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)がノーアーチに終わり、46本の両者を2本差で追いかける大谷にとっては差を詰めるチャンスとなった同ゲーム。第3打席に3試合ぶりとなるライト前ヒットを放って復調気配を漂わせていた大谷は、4対10と6点リードを許した8回の先頭打者として第4打席を迎えた。

 カウント2-1からアストロズの2番手・ハビエルが投じた4球目、インコースへの94マイル(約151.3キロ)を完璧に捉えると、打球はライトスタンドに一直線。ABEMAで実況を務めた節丸裕一氏も「行ったー、ライトへ!大谷文句なし!」と打った瞬間にスタンドインを確信する飛距離約135メートルという特大の一発となった。

 10試合ぶりの一発を待ちわびていたファンからは「きたああああああ」「ほんま嬉しい」「鳥肌半端ない」「完璧だ」「すげえ打球」「気持ちよすぎる」「飛びすぎやろ笑」と歓喜のコメントが殺到。エンゼル・スタジアムの観客もこの日一番の盛り上がりを見せた。なお大谷はこの一発でゲレロJr.とペレスまで1本差となり、2000年にトロイ・グロスが記録した球団記録の47本まであと2本に迫っている。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)
 

【動画】大谷翔平、完璧な45号
【動画】大谷翔平、完璧な45号
【動画】あわや追い越しの珍プレー
【動画】あわや追い越しの珍プレー
【中継】大谷翔平は「2番・DH」で出場
【中継】大谷翔平は「2番・DH」で出場
SPOZONE
SPOZONE
SPOZONE