球審のストライク判定に仰け反り不満露わ! 「彼のヒザ下が長すぎて」川崎宗則氏がまさかの指摘
番組をみる »

【米大リーグ】ドジャース2-4ブレーブス(24日/アトランタ)

 主砲E・ロサリオの一発で勝ち越したブレーブスがドジャースを4-2で破り、22年ぶりとなるワールドシリーズ進出を決めた。この試合、ブレーブスの打者・フリーマンへのストライク判定を巡り、なんとも珍しいひとコマが発生。ファンの間で話題となっている。

【映像】よもやの判定に仰け反るフリーマン

 初回に幸先よく1点を先制するも、4回表にドジャースに追いつかれ、その裏、E・ロサリオの2ランホームランでブレーブスが再び2点の勝ち越しに成功。4-2で迎えた6回裏ブレーブスの攻撃は先頭の8番・ダーノーが空振三振、続く9番・カマルゴがセンターフライに倒れて2アウトに。代わったドジャース3番手・ベシアから、4番のE・ロサリオが四球を選んで出塁すると、二死一塁の場面で打席に立ったのは、この日、1打席目こそダブルプレーに終わったものの、その後の2打席はしっかりとボールを見極め、四球で出塁している5番フリーマン。

 フリーマンへの初球、ベシアが投じた球は、真中高めに外してボールに。続く2球目は、外角低めへと流れるような軌道の球となったが、一見、ボール球に見えた低めの球に、アンパイアはストライクをコール。これには打席のフリーマンも、また、その光景を見ていたベンチのスニッカー監督も、思わず落胆したような表情で天を仰いだ。

球審のストライク判定に仰け反り不満露わ! 「彼のヒザ下が長すぎて」川崎宗則氏がまさかの指摘

 この判定にABEMAでゲスト解説を務めた川崎宗則氏(栃木ゴールデンブレーブス)が言及。ストライクとなった意外な理由について「今のね、ヒザ下が…見てください。長いんですよ。だからこそこのリアクションですよね。バッターが僕だったらストライクだと思うんですけど、彼のヒザ下が長すぎるので…」と、“ヒザ下が長すぎる”というフリーマンならではの身体的特徴からストライク判定となっていることを指摘した。

 すると実況も「当然、ストライクゾーンというのは、ヒザのいわゆる“お皿”から、(胸の)ロゴのあるところまでというのが、基本のストライクゾーンですよね」「ヒザから上がストライクなんですけども、ヒザが長いので、ストライクゾーンもおのずと高めになります」と、改めてストライクゾーンについて説明。視聴者からは「フリーマンの悔しがり方」「フリーマンの腰の位置やばい」「ストライクゾーンって打者のサイズによるの?」といった声が相次いでいた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】よもやの判定に仰け反るフリーマン
【映像】よもやの判定に仰け反るフリーマン