大谷翔平、今季苦しんだ“四球攻め”に見解 主軸の離脱を要因に挙げるも「来年はそういう風にはならない。僕以上にいいバッターがラインナップに並ぶ」
番組をみる »

 15日、エンゼルスの大谷翔平投手が日本記者クラブで会見を開き、ホームラン王争いが熱を帯びたシーズン後半戦に急増した申告敬遠を含むいわゆる“四球攻め”に対して、来季以降の対処法、および心の持ち方を問われ「来年はそういう風にはならない」などとする見解を示した。

【映像】大谷翔平の会見生中継

「主軸のバッターが怪我で離脱しているのが一番増えている要因ではある。おそらく来年はそういう風にはならない。僕以上にいいバッターがラインナップに並ぶので、そういう意味では今年のような攻めにはならないと思っている」

 そのように述べた大谷は「(仮に)なったとしても、今年の経験を踏まえて冷静にバッターボックスの中で冷静に自分の仕事ができれば、必ずいい成績が残るのではと思っている」と来季への自信をのぞかせた。

今季の大谷はシーズンを通して“二刀流”でフル出場。投手として9勝2敗、防御率3.18、156奪三振を記録。打者としては打率.257、46本塁打、100打点、103得点、26盗塁の成績をマークし、メジャー史上6人目となる「45本塁打、25盗塁」を達成している。(ABEMA NEWS)

【映像】大谷翔平の会見生中継
【映像】大谷翔平の会見生中継