大谷翔平、“爆速”フェンス直撃タイムリーが生んだ珍事 驚愕の打球にネット裏の男性ファンが“お口あんぐり”
【映像】驚愕の打球速度に“お口あんぐり”の男性ファン »

【MLB】レンジャーズ7-4エンゼルス(5月16日・日本時間17日/アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。無死一、三塁のチャンスで迎えた1回の第1打席にあと少しで3試合連続、さらに日米通算150号の9号3ランかという打球速度116.5マイル(187.5キロ)、フェンス直撃の弾丸タイムリーツーベースを放った。その驚愕の打球速度に、ネット裏で談笑していた男性ファンの笑顔が一変。“お口あんぐり”になる珍事を現地映像が収めていた。

【映像】驚愕の打球速度に“お口あんぐり”の男性ファン

 初回エンゼルスの攻撃は1番・ウォード、2番・トラウトの連続安打で無死一、三塁。いきなりのビッグチャンスで打席に入るのは3番・大谷。大谷はこの試合まで、直近7試合で4本の本塁打を含む29打数10安打、打率.345と絶好調を維持。この試合で日米通算150号のメモリアルアーチにファンの注目が集まっていた。

 対するはレンジャーズ先発右腕のジョン・グレイ。3球続けてストレートが外れ、3ボール。4球目に96.1マイル(約155キロ)のストレートを投じた次の瞬間、スタジアムの静寂を切り裂くように乾いた打球音が響き渡った。

 低い弾道のライナーはあっという間にセンターの頭上を越え、そのままフェンスに直撃する先制のタイムリーツーベースとなった。試合を中継したABEMAで解説を務めたAKI猪瀬氏が「あれで(本塁打の)線を超えてれば、おそらく大谷史上最も低い打球でのホームランでしたね」と驚いた様子で語った一打。そのリプレー映像が流れると、ネット裏に並び、談笑している3人の男性ファンの姿が。しかしその直後、大谷が鋭い打球のフェンス直撃打を放った次の瞬間、その笑顔が一変。そのうちの一人が“お口あんぐり”で驚愕する様子が映し出された。

 この男性ファンと同じく、ABEMAの視聴者からも「打球音w」「エグい音で草」「打球速度がやべぇよ」「フェンス直撃だぁ」など、驚嘆の声が殺到していた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】驚愕の打球速度に“お口あんぐり”の男性ファン
【映像】驚愕の打球速度に“お口あんぐり”の男性ファン
大谷翔平、球審のジャッジに“不服”もデータサイトは「ストライク」判定 ファンからは今後への影響を心配する声も
大谷翔平、球審のジャッジに“不服”もデータサイトは「ストライク」判定 ファンからは今後への影響を心配する声も
SPOTVNOW
SPOTVNOW