大谷翔平、渾身160キロで見逃し三振の打者がヘルメット叩きつけ球審に激高! 「激おこやんw」「かわいそう」「いい球」反響さまざま
【映像】見逃し直後、球審に激高するウィンカー »

【MLB】マリナーズ1-4エンゼルス(6月16日・日本時間17日/シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場し、今季5勝目を挙げた試合で、大谷の99.4マイル(159.7キロ)のストレートを見送った結果、ストライク判定で見逃し三振に倒れた相手打者がバットやヘルメットを叩きつけるなど球審に激高。視聴者が騒然となる一幕があった。

【映像】見逃し直後、球審に激高するウィンカー

 問題のシーンは3回裏、マリナーズの攻撃。2死ランナー無しで打席に入ったのは3番・ウィンカー。初球のスローカーブはワンバウンドで1ボール。続くアウトコースいっぱいのストレートはストライクとなったが「えっ!?」といった様子で球審に視線を送ったウィンカー。すると、3球目のバックドア気味の鋭いスライダーがストライク判定されると首を傾げ、あからさまに不満を露わにした。

 そして勝負の6球目。大谷が投じた約160キロの真っすぐは糸を引くように真ん中低めにコントロールされ、スタッシのミットに収まった。ストライクコールで見逃し三振となった次の瞬間、バットとヘルメットを続けざまに叩きつけたウィンカーは納得がいかない様子で激高。球審に身振り手振りで判定に対する文句を捲し立てた。

 初球のスローカーブがワンバウンドした際には自ら打席を外し、拾い上げるなど紳士的な振る舞いをしていたウィンカーだが、さすがにフラストレーションを抑えることができなかったか。怒りが収まらない様子のウィンカーに対して、試合を中継したABEMAの視聴者からは「激おこやんw」「ブチ切れ」「かわいそう」「そりゃ怒る」といった同情的な声に加え「いい球」「さすがに笑った」など様々な反響が寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】見逃し直後、球審に激高するウィンカー
【映像】見逃し直後、球審に激高するウィンカー
大谷翔平のスライダーに相手打者が“ポカン顔” 「あいつやばいなって顔」「笑って驚いたような顔」痛快なシーンに反響続々
大谷翔平のスライダーに相手打者が“ポカン顔” 「あいつやばいなって顔」「笑って驚いたような顔」痛快なシーンに反響続々
SPOTV NOW
SPOTV NOW