MLB公式も「キャノン」と命名 大谷翔平の同僚野手の爆肩返球が衝撃的「肩いいね~!」「すげーいい守備」
番組をみる »

【MLB】アストロズ4-2エンゼルス(7月3日・日本時間4日/ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、レフトで出場していたハリソンが、目の覚めるような好返球を披露し、アストロズファンで埋まる敵地のファンをうならせた。

【映像】レフトから二塁までダイレクトで届いた好返球

 9番・レフトでスタメンとなっていたハリソンは身体能力が溢れる選手。試合序盤から俊敏かつ積極的な動きを見せていたが、見せ場は守備で回ってきた。4回、アストロズ先頭のアルトゥーベがレフト線寄りにライナーのヒット。俊足アルトゥーベは当然のように一塁を回って二塁へと向かっていた。

 ところが、ここからハリソンの出番。ゴロを捌くと思い切り勢いをつけて二塁へとダイレクト送球。低い軌道を描きながらベースカバーに入っていた野手のグラブに収まると、アルトゥーベはまだ二塁ベースの遥か手前。かなりの余裕を持ってのタッチアウトになってしまった。

 俊足選手の予想を大きく上回るほどの爆肩ぶりに、ファンからも「素晴らしい守備」「まじか!!!」「肩いいね~!!!!」というコメントが飛び交うと、MLBのTwitter公式アカウントでも「Monte Harrison with a cannon.」と、cannon(=キャノン、大砲)と命名していた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】バルデスのシンカーがえぐすぎる変化量
【映像】バルデスのシンカーがえぐすぎる変化量
【映像】見逃し三振にリアル「舌巻き」を見せた大谷翔平
【映像】見逃し三振にリアル「舌巻き」を見せた大谷翔平
【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】走者の背後に忍び寄るトリックプレーと悲しげなウォード
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
【映像】大谷翔平、技ありのタイムリー
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW