「しゃあ、おりゃ!」大谷翔平、気迫の“雄叫びストレート”で三者三振 ファンも大興奮「鳥肌立った」「もう惚れるしかない」
番組をみる »

【MLB】ツインズ-エンゼルス(9月23日・日本時間24日/ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場したこの試合、大谷が雄叫びをあげつつ三者連続三振を奪い、多くの視聴者を沸かせることとなった。

【映像】雄叫びをあげた大谷翔平と渾身のストレート

 2-1、エンゼルス1点のリードで迎えた4回裏・ツインズの攻撃。大谷はこの回先頭の4番・ウルシェラを四球で出すも、続く5番・ケーブは、内角低めのカットボールで空振りの三振、続く6番・サンチェスには外角高めのカーブで見逃しの三振、そして7番・ウォルナーに対しては、フルカウントからの6球目、外角低め、99マイル(159キロ)のストレートで、雄叫びを上げながら見事三振に切ってとった。この一球に、解説の西岡剛氏は「今日一番、ちゃんとした球が行ったんじゃないですかね。」とコメント。視聴者からも「勝利のおたけび!」「かっこいい」「吠え谷!!!!」「もう惚れるしかない」「カッコよすぎて草。」「鳥肌立ったわ」といった様々な反響が寄せられることとなった。

 なお、大谷はウォルナーの三振で、今季201個目の奪三振となり、松坂大輔氏がボストン・レッドソックス時代の2007年に記録した奪三振数に並ぶこととなった。日本人選手のシーズン200奪三振は、これまで野茂英雄氏、松坂大輔氏、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)が記録しているが、こうした点を踏まえる形で、ゲスト解説の古田敦也は、「ホントにすごいですよ。すごさ加減をどう表現していいか。とんでもないですよ、ホント。」と驚きを交えながらコメントした。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間
【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間
【映像】折れたバットが直撃しかけた大谷翔平
【映像】折れたバットが直撃しかけた大谷翔平
【映像】低い気温と大雨に苦戦する大谷翔平
【映像】低い気温と大雨に苦戦する大谷翔平
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間