ショーヘイには負けてられねぇ!“兄貴”トラウト、完璧37号は打球速度180キロ超え「飛びすぎw」「一番好きなコースだもん」
番組をみる »

【MLB】ツインズ-エンゼルス(9月25日・日本時間26日/ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、大谷の前を打つ主砲トラウトが完璧な当たりの37号ソロをレフトスタンドに叩き込んだ。

【映像】トラウト、打球速度180キロの爆速ホームラン

 大谷の“兄貴分”トラウトが久々に快音を響かせた。2-1とエンゼルスリードで迎えた3回、1死走者なしでこの試合2度目の打席に入ったトラウトは、ツインズ先発バンディの真ん中低めのスライダーをすくい上げると打球はあっという間にレフト2階席に飛び込んだ。得意の低めのボールをしばきあげるトラウトらしい一発は、打球速度112.0マイル(180.2キロ)、飛距離416フィート(126.8メートル)の完璧な当たり。視聴者から「飛びすぎw」「凄い飛んだw」とコメントが上がる、“打った瞬間”というホームランとなった。

 この試合の前まで大谷が10試合連続ヒットを記録する一方、トラウトは最近7試合でヒット3本の打率.115と調子を落としていた。しかしこの試合、第1打席で目の覚めるような二塁打を放つと、第2打席で8試合ぶりアーチ。マルチヒットは9試合ぶりとなった。これでトラウトは大谷に3本差をつける37号。一時期はチーム内での最多ホームランを争うように打っていた大谷、トラウトの両者だが、大谷に12試合ホームランが出ていないこともあり少し差がついた格好となった。好調を維持しているだけに、今度は大谷にも一発を期待したいところだ。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】トラウト、打球速度180キロの爆速ホームラン
【映像】トラウト、打球速度180キロの爆速ホームラン
【映像】大谷翔平、打球速度162キロの痛烈なヒット
【映像】大谷翔平、打球速度162キロの痛烈なヒット
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【映像】トラウト、打球速度180キロの爆速ホームラン