今場所2度目の足取りで千代丸を撃破 新入幕での勝ち越しまで“あと2つ”の炎鵬、九日目は同じく6勝の十両筆頭・豊ノ島
番組をみる »

大相撲夏場所>◇中日◇19日◇東京・両国国技館

 19日に行われた大相撲夏場所中日、前頭十四枚目の炎鵬(宮城野)と前頭十三枚目・千代丸(九重)は99キロと193キロ、体重差およそ100キロの対戦となった。

 七日目を終えて5勝(2敗)と好調の新入幕・炎鵬は今場所、様々な技を繰り出して白星を重ね、小兵ながら大きな存在感で注目を集めている。一方、返り入幕となる千代丸は七日目を終えて3連勝からの4連敗と調子は今一つ。さらに場所前の巡業では「石浦や炎鵬などの小さな力士が苦手」と話し、小兵力士に対する苦手意識を明かしていた。

 立ち合い諸手で突くと見せかけて左に変わり、中に入ろうと試みる炎鵬に対して、中に入れさせたくない千代丸は炎鵬を突き放す。両者、時計回りに動きながら1回転半した次の瞬間、千代丸の右脚をひょいっと抱え込んだ炎鵬は、193キロの巨体を土俵の外に追いやった。

今場所2度目の足取りで千代丸を撃破 新入幕での勝ち越しまで“あと2つ”の炎鵬、九日目は同じく6勝の十両筆頭・豊ノ島

 3日目にも同じ足取りで前頭十三枚目の佐田の海(境川)を破っている炎鵬。小兵力士の真骨頂ともいえる取り口に館内はどっと沸き、5敗目を喫した千代丸は両手を腰に当て、しばし国技館の天井を仰いだ。

 AbemaTVで解説を務めていた元小結・旭豊の立浪親方は「千代丸も思い切りドンと行きたいところだが、的が小さい分、行ったらかわされるというのが頭にある。それゆえに足も前に出ない」と千代丸の敗因について話す一方、6勝目を挙げた炎鵬については「これだけ技が決まると本人も面白いでしょうね。幕内の土俵に対する怖さはないんですかね? 今度、本人に聞いておきます」と新入幕での勝ち越しまであと2つと迫った炎鵬を称賛した。

 なお20日に行われる九日目、炎鵬の相手は幕内復帰を目指す今場所ですでに炎鵬と同じ6勝を挙げている十両筆頭の豊ノ島(時津風)。どちらも人気力士だけに、二人の取組が行われる中入り後最初の一番から目が離せない。

(C)AbemaTV

【見逃し視聴】

「今日の炎鵬」を含む注目力士の取組

2019年 大相撲五月場所 - 注目力士 | 動画視聴...
2019年 大相撲五月場所 - 注目力士 | 動画視聴...
2019年 大相撲五月場所 - 注目力士等、15,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。

【視聴予約】

5月20日16時から生中継 「大相撲夏場所(幕内前半)9日目」

大相撲LIVE 夏場所(幕内)9日目 | 無料のインタ...
大相撲LIVE 夏場所(幕内)9日目 | 無料のインタ...
大相撲夏場所【9日目】幕内 結びの一番まで完全無料生中継! この時間は「幕内」の取組を放送します。 誰もが自由に楽しめる大相撲を目指し、斬新かつダイナミックな映像で取組の様子をお届け! オリジナルの…