炎鵬、悲願の勝ち越しで目頭アツく… 館内は優勝のような割れんばかりの拍手と大歓声
番組をみる »

大相撲名古屋場所>◇十四日目◇20日◇ドルフィンズアリーナ

 前頭十四枚目の炎鵬(宮城野)が3連敗の足踏みの後、悲願の勝ち越し。館内を割れんばかりの拍手と歓声が包んだ。

 気持ちが出過ぎたのか、二度の待ったを掛けた炎鵬。三度目の正直で正面からぶつかると、前頭七枚目・妙義龍(境川)の左の前褌を取った。一度は切られたが、右からのいなしで形勢を立て直すともろ差しで土俵際へ。最後は妙義龍の粘りにあったが、小さい身体を懸命に伸ばすようにして全身で寄り切った。

 先場所は終盤の6連敗で勝ち越しを逃した炎鵬。寄り切って勝ち越しを決めた瞬間、炎鵬は一瞬、右手で目頭を押させる仕草を見せた。そんな炎鵬の姿に、館内からは割れんばかりの拍手と大歓声が沸き起こった。

(C)AbeamTV

【映像】

炎鵬、悲願の勝ち越しで目頭押さえる(取組は39分頃から)

炎鵬、悲願の勝ち越しで目頭ウル
炎鵬、悲願の勝ち越しで目頭ウル
「かわいい」「カエルみたい」と視聴者がほっこりした炎鵬の「待った」
「かわいい」「カエルみたい」と視聴者がほっこりした炎鵬の「待った」
【映像】 炎鵬、悲願の勝ち越しで目頭押さえる(取組は39分頃から)
AbemaTIMES