藤井聡太七段、王位挑戦へ順調発進 竹内雄悟五段下し初戦突破/将棋・王位戦予選
番組をみる »

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が9月25日、王位戦予選で竹内雄悟五段(31)を124手で下し、初戦を突破した。

 王位のタイトルは25・26日の2日間で行われる王位戦七番勝負の最終第7局により、豊島将之王位(名人、29)か木村一基九段(46)のいずれかが手にする。既に次期挑戦者を決める予選がスタートしており、藤井七段は第7ブロックの2回戦からの出場となった。

 先手の竹内五段がゴキゲン中飛車を採用する中、藤井七段は常に持ち時間でリードを許す展開に。中盤以降も苦しむ中で、徐々にペースを掴むと、最終盤は一気の寄せ切った。

 対局後、藤井七段は「中盤のはじめあたりから手が広くて難しい将棋でした。選択を誤ってしまったところが多かったので、そのあたりが課題かなと思います」と振り返ると、今後については「王位戦は予選で敗れているので、リーグに入れるように頑張りたいと思います」と、目標を口にした。また、開催中の七番勝負については「非常に白熱した七番勝負だなと思って観戦しています」とコメントした。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶【動画】第60期 王位戦 七番勝負 第七局 1日目 豊島将之王位 対 木村一基九段 ※振り返り(期間限定)

豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 1日目
豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目

▶【動画】第61期 王位戦 予選 藤井聡太七段 対 竹内雄悟五段 ※振り返り(期間限定)

藤井七段 対 竹内五段
藤井七段 対 竹内五段
第61期 王位戦 予選
広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局