豊島将之名人が55手目を封じ手 持ち時間はほぼ互角で2日目へ/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋竜王戦七番勝負第5局が12月6日、島根県鹿足郡「藩校 養老館」で行われ、初の竜王位を目指す豊島将之名人(29)が55手目を封じ手し、1日目を終えた。翌7日の2日目は、初防衛を目指す広瀬章人竜王(32)の手番から再開する。

 豊島名人が3勝1敗で、史上4人目の「竜王・名人」に王手をかけている中で始まった第5局は、角換わり腰掛け銀からスタート。早いテンポで指し進められたが、昼食休憩を挟んで広瀬竜王がちょうど2時間の大長考。その後、豊島名人にも1時間26分の長考があり、持ち時間はわずか7分差で封じ手を迎えた。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶映像:竜王戦 七番勝負 第五局 1日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人

豊島将之名人が封じ手
豊島将之名人が封じ手

▶中継:竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人 12月7日(土)8:30~

竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人
竜王戦 七番勝負 第五局 2日目 広瀬章人竜王 対 豊島将之名人
朝日杯二次予選 三浦九段-佐藤天九段
朝日杯二次予選 三浦九段-佐藤天九段