豊島将之名人が66手目を封じ手 渡辺明二冠は勝てば初の名人獲得/将棋・名人戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の名人戦七番勝負第6局が8月14日、大阪府大阪市の関西将棋会館で行われ、豊島将之名人(竜王、30)が66手目を封じ手とし、1日目を終了した。2日目は翌15日、渡辺明二冠(36)の手番から午前9時に再開する。

【動画】渡辺明二冠が奪取か、豊島将之名人が踏ん張るか 名人戦第6局

 史上4人目の「竜王・名人」である豊島名人と、挑戦決定時に最多の三冠を保持していた渡辺二冠の対決は、現将棋界の「頂上決戦」とも呼ばれ、熱戦が続いている。第1局を渡辺二冠が制すると、第2・3局を豊島名人、第4・5局を渡辺二冠が連勝。トータル3勝2敗で渡辺二冠が初の名人に王手をかけている。初防衛を目指す豊島名人にとっては、土壇場で踏ん張り、最終局まで粘りたいところだ。

 結果次第では決着局となる本局は、渡辺二冠が得意の矢倉を選択すると、豊島名人も応じて相矢倉からの出だしに。豊島名人の布は「米長流急戦矢倉」で、後手番から積極的な攻めを繰り出せる形に。布陣どおり激しい主導権争いが繰り広げられると、お互いの読み筋が噛み合っているのか、着手も早く、1日目ながら65手目まで進んだ。

 渡辺二冠は7月に藤井聡太棋聖(18)にタイトルを奪われたばかりで、名人獲得となれば初の名人ともに三冠復帰を果たす。豊島名人は、並行して行われている叡王戦七番勝負では挑戦者になっており、名人初防衛を目指すとともに三冠も狙う。

 本局の持ち時間は各9時間の2日制で、先手は渡辺二冠。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点での残り持ち時間】

豊島将之名人 5時間44分(消費3時間16分) 渡辺明二冠 4時間16分(消費4時間44分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

名人戦七番勝負第六局1日目 豊島将之名人 対 渡辺明二冠
名人戦七番勝負第六局1日目 豊島将之名人 対 渡辺明二冠
名人戦七番勝負 第六局 2日目 豊島将之名人 対 渡辺明二冠
名人戦七番勝負 第六局 2日目 豊島将之名人 対 渡辺明二冠