またも「後手番有利」のジンクス 豊島将之竜王、羽生善治九段に最終盤で逆転勝利 両者対決で後手番が10連勝/将棋・竜王戦
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第3局が11月7、8日に京都府京都市の「総本山仁和寺」で行われ、豊島将之竜王(叡王、30)が羽生善治九段(50)に172手で勝利、シリーズ成績を2勝1敗とし、初防衛にあと2勝と迫った。

【中継】豊島竜王が2勝目!タイトル初防衛にあと2つ

 難解な中盤では両者互角のまま熟考を重ねる長い対局になると、終盤の入り口では豊島竜王がリード。ところが終盤も進んだところで羽生九段が逆転し、残り時間がほとんどない状態で最終盤を迎えた。

 優勢だった羽生九段に対し、豊島竜王が必死の攻めを繰り返すと、1分将棋が続いていた羽生九段が回避をしきれず、形勢が大逆転。最後は豊島竜王が即詰みに討ち取り、熱戦に終止符を打った。

 豊島竜王と羽生九段との対戦では、「後手番有利」というジンクスが続いており、トータルでも前日まで24勝11敗、直近まで9連勝というデータがあった。本局も後手番が勝利したことで、10連勝に到達。先手番がやや有利と言われる中で、ジンクスがさらに続くことになった。

 対局後、豊島竜王は「(2勝1敗に)すぐ次があるので、コンディションを整えて頑張りたい」とコメント。悔しい逆転負けを喫した羽生九段は「ちょっと分かれのところは失敗したような気がしました。終盤はもしかしたら何かあったかもしれないですが、わからなかったです。攻められた時の応接に問題があったかもしれません」と首をひねっていた。

 第4局は11月12、13日に福島県福島市「吉川屋」で行われる。先手は豊島竜王。

ABEMA/将棋チャンネルより)

第33期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第二局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段