「リゼロ」2nd season前半終了 ナツキ・スバル役 小林裕介が語るエキドナに「踊らされた」感と過酷な2つの試練
番組をみる »

 主人公スバルが、死んで時を戻す「死に戻り」の能力で、目の前の難題を克服していくTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)。1期では、この力によって明るく新しい未来が切り開かれたが、今年7月から始まった2nd seasonは、前半クール13話で6回の「死に戻り」しても事態が好転せず、謎は深まるばかりという展開になっている。この前半クールでメインキャストばりに活躍したのが強欲の魔女・エキドナだ。ナツキ・スバル役の声優・小林裕介に、エキドナとの関係や、墓所で与えられた試練について話を聞いた。

【動画】深まる謎をもう一度「Re:ゼロから始める異世界生活」2ndシーズン

-2期の前半クールは、キービジュアルが示したとおりスバルとエキドナのシーンが数多く描かれました。

 小林裕介(以下、小林)

 最初にスバルとエキドナが邂逅した時、エキドナは自分が強欲の魔女であり、世の知識をこれでもかと持っているという提示をしてきている時点で、僕自身は「これは味方フラグだろう」と思ったんですよ。死に戻りで一番必要なのは情報ですからね。だからきっと食いつくだろうと思ったんですけど、スバルがなかなか好意的な色を見せないんですよね。今までも魔女に苦しめられてきたから、「魔女」と名乗る人を信用しないのは当然なんですが、それにしてもかなり素っ気ない態度だったので、僕はちょっと驚きましたね。結局、王選関連のことに巻き込まれて長いので、簡単に人を信用しちゃいけないとか、防衛本能が植え付けられているのと含めて、なかなか距離を縮められなかったのかなと思います。

「リゼロ」2nd season前半終了 ナツキ・スバル役 小林裕介が語るエキドナに「踊らされた」感と過酷な2つの試練

-確かにそれだけ救いになるなら、すぐに手を取るようにも思えます。

 小林

 話が進んでいくうちに、やはり一筋縄ではいかない存在なんだなというのがわかりました。エキドナの物言いが、いつもどこか曖昧で、フワフワしていて。(エキドナ役)坂本真綾さんの演技も相まって、つかみどころがないまま会話をしていた印象があります。ロズワールやベアトリスと同じように、言い合いにはなっているんですが、常にエキドナの手の平の上で踊らされているような不安定感はいつもありました。なんとも言えない、アフレコ現場でしか感じられない、不思議な感覚がありましたね。

「リゼロ」2nd season前半終了 ナツキ・スバル役 小林裕介が語るエキドナに「踊らされた」感と過酷な2つの試練

-今回、エキドナからの試練として、現実世界の両親と語り合う回(29話=親子)がありました。

 小林

 お芝居をする上で、スバルの「家族」と「それ以外」への態度は、絶対に違うんです。スバルがみんなに対してどこかテンションが高くいるのも、自分を知らないからこそ通じているもので、それに流されている周りの人も多いんです。でも今回、親はスバルの全てを知っているので、本人が強がってもバレるし、全てを見透かされている恥ずかしさは、常にもっていたいなと思いました。スバルというよりは、僕もいろいろ経験があって、いまだに親と話す時に恥ずかしいというか照れくさいというか、そういうのが出るんですよね。それをスバルにも投影できたらいいなと思いました。

-親と子の関係は他人以上に難しいものもあります。

 小林

 いろいろ頑張った結果、うまくいっていない現実を親は知っていて、その結果スバルも引きこもりにもなっていて、その現実を知っているプラス、そんな中で怒りもせずに見守られていることの恥ずかしさ、なんです。本人も言っていましたけど、怒ってほしかったし、お前なんかうちの子じゃないくらい、言われた方が気が楽になるだろうし、側にいてくれることが子どもからしたら、結構しんどいこともあると思うんです。そういうのを全部含めて恥ずかしいって感じでしたね。

 スバルのお父さんが偉大な存在で、スバルはやっぱり自分と比べて優劣をつけてしまう。そんな親にダメなところを見せてしまっているのが心苦しいし、なんでもかんでもマイナスに捉えてしまう。スバルは大変なところに生まれましたね。

「リゼロ」2nd season前半終了 ナツキ・スバル役 小林裕介が語るエキドナに「踊らされた」感と過酷な2つの試練

-もう一つの試練では、スバルの死後の世界を多数見せられることになりました。(37話=魔女たちの茶会

 小林

 僕自身、スバルの死後を考えなかったわけでもないし、スバルも深く考えないようにしつつも、最初の方は考えていたと思うんです。僕が考えていたのは、死んだ後の世界がどうなったのかという全体的な世界の話であって、誰が悲しむとか、どう悲しむとか、そういう一人一人のキャラクターの心情までは、実は考えていなかったです。今回、原作者が書くっていうことは、これが現実なんだと受け入れざるを得ない、過酷な状況でした。

-特に1期では、スバルの死に対して、周囲の反応もかなり温度差があります。

 小林

 悲しむだけじゃなくて、ラムなんか嫌悪感を示して吐き捨てたりもするし、エミリアも周回によっては、結局、スバルとはなんだったのかわからず終いで戸惑っている、ただ悲しんではくれないんだという現実を見せつけられましたね。思った以上に、薄情な世界もあるんだとは思いました(苦笑)。僕ですらそのちぐはく加減がすごく苦しかったので、スバルはもっとつぶされそうだったんじゃないかと。(原作の)長月達平先生もおっしゃっていましたが、この試練はスバルにのみとんでもない、過酷なものだったなと思います。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る