羽生善治九段、6回目の優勝へ本戦出場なるか 野月浩貴八段と対局開始 本日2局目/将棋・朝日杯
番組をみる »

 将棋の朝日杯将棋オープン戦の二次予選が12月10日に行われ、羽生善治九段(50)と野月浩貴八段(47)が午後7時から対局を開始した。勝者は本戦出場が決まる。

【中継】朝日杯 二次予選 羽生善治九段-野月浩貴八段

 羽生善治九段は、1985年12月に四段昇段。竜王戦1組(1組以上:32期)、順位戦A級(A級以上:28期)で、タイトル通算99期。棋戦優勝45回のうち5回は、この朝日杯で勝ち取ったものだ。七冠独占、永世七冠など数々の大記録を打ち立てた、将棋界のレジェンドだ。この日は午後2時からの対局で八代弥七段(26)に勝利、本局が2局目だ。

 野月八段は、1996年10月に四段昇段。竜王戦4組、順位戦B級2組。棋戦優勝は2回。今年度の成績は、公表数字で12勝12敗、勝率.500だ。

 持ち時間は各40分で、振り駒の結果、先手は羽生九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度に藤井聡太二冠が2連覇している棋戦としても知られている。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

朝日杯 二次予選 羽生善治九段-野月浩貴八段
朝日杯 二次予選 羽生善治九段-野月浩貴八段
第13回朝日杯 準決勝・決勝 千田翔太七段 対 藤井聡太七段/永瀬拓矢二冠
第13回朝日杯 準決勝・決勝 千田翔太七段 対 藤井聡太七段/永瀬拓矢二冠
羽生善治九段&佐々木勇気七段の砂蒸し風呂体験!
羽生善治九段&佐々木勇気七段の砂蒸し風呂体験!
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る