糸谷哲郎八段、「冬将軍」渡辺明棋王に先勝 久々のタイトル戦勝利/将棋・棋王戦五番勝負
番組をみる »

 将棋の棋王戦五番勝負第1局が2月6日に行われ、糸谷哲郎八段(32)が渡辺明棋王(名人、王将、36)に128手で勝利した。糸谷八段は2016年度の王座戦以来となるタイトル戦出場だったが、棋王戦8連覇中と圧倒的な強さを誇る渡辺棋王に対して、押され気味の中盤から終盤に向けて挽回。早見え早指しの実力者が、2014年度の竜王以来となる2つ目のタイトル獲得に向けて、大きな1勝を手にした。

【中継】棋王戦 五番勝負 第1局 渡辺明棋王 対 糸谷哲郎八段

 糸谷八段は後手番から雁木を採用。序中盤は、うまく対応してきた渡辺棋王に押され気味となり、作戦負け模様だった。それでも耐えながら指し進めると、自玉を金銀で守りながら上部に脱出させると、形勢が逆転。糸谷八段らしく形勢を損ねながらも打開策を見つける力と粘りを駆使すると、再逆転を許さず押し切った。

 対局後、糸谷八段は「(後手番なら雁木を)一局やってみたかったです。(中盤は)苦しかったですね。結構苦しい時間が長かったと思います。序盤が難しくて、5筋を取る構想が無理だったのか…。そのあたりが反省点です」と語ると、第2局に向けては「次も本局と同じく、力を尽くしたいと思います」と意気込んだ。

 渡辺棋王は名人、王将と合わせて現在最多の三冠を保持し、冬のタイトル戦に無類の強さを誇ることから「冬将軍」と呼ばれてきたが、第1局を糸谷八段が制したことで、一気に激戦が期待されるシリーズとなった。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

棋王戦 五番勝負 第一局 渡辺明棋王 対 糸谷哲郎八段
棋王戦 五番勝負 第一局 渡辺明棋王 対 糸谷哲郎八段
挑戦者決定二番勝負第2局
挑戦者決定二番勝負第2局
藤井聡太王位・棋聖が人形フリフリ
藤井聡太王位・棋聖が人形フリフリ
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る
【会員登録】14日間無料で過去の対局・特集を見る