戦前の予想を覆す、見事なまでの完勝劇だった。

 現地9月23日、ドイツ・デュッセルドルフに乗り込んだ日本代表はアメリカ代表と対戦。FIFAランクは日本の24位に対してアメリカは14位と上位で、組織力と機動性能に定評がある強豪だ。

 しかし蓋を開けてみれば、キックオフ直後から日本はハイプレスをツボにはめて主導権を掌握。24分にショートカウンターから鎌田大地が先制点を奪うと、その後も攻守でアメリカを凌駕し、終了間際の三笘薫のゴールで突き放した。実力拮抗の好勝負になると目された一戦で、2-0というスコア以上の快勝を収めたのだ。
【PHOTO】鎌田&三笘がゴール! 日本vsアメリカ戦の激闘を厳選フォトでお届け!

 かたや、代表チームによる想定外の不甲斐ないパフォーマンスに米メディアからは辛辣な批評が相次いでいる。全国紙『USA TODAY』も然りで、「USMNT(アメリカ代表)がワールドカップ前のウォームアップで“ゼロショット”に終わり、日本に敗れる」と銘打ち、次のように論調を展開した。

「金曜日の試合が、ワールドカップを前に課題を洗い出すのが目的だったなら、ミッションは見事に完遂されたと言えるだろう。USMNTは日本を相手に、スコアだけでは説明できないほど、完膚なきまでに叩きのめされた。日本はよく鍛え上げられた精鋭軍団で、USMNTに枠内シュートを1本も撃たせなかったのだ。恐怖のプレスに粉砕され、ろくにボールも保持できないUSMNTの選手たちは、お粗末な形で何度もピンチを招いていた。自陣内でのバスミスから決められた鎌田のゴールは、この日の低調ぶりを象徴するシーンだっただろう」
 

 さらに同紙は「欠場していたユヌス・ムサーやクリスティアン・プリシッチがいれば、まだ彼らにボールを預けて反撃もできただろうか」と仮定の話をしつつ、「しかしそれでも、USMNTの選手たちの自信なさげなプレーにはガッカリさせられたし、守備だけでなく攻撃も破綻していた。シュートが枠に飛ばないUSMNTとは好対照に、88分に日本は三笘が素晴らしいボディバランスからゴールを決めてみせたのだ」と皮肉った。

 そして最後に、「若きUSMNTは確かに天井知らずの可能性を秘めている。だが日本戦で明らかになったのは、現実という名の足下であり地面だ。かなり厳しいものとして受け入れるしかない」と論じ、「来週木曜日のサウジアラビア戦では、少しでも光明は見えているはずだ」と期待を寄せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部