Japan

日本代表 選手・スタッフ

Group E-位
基本情報
選手・スタッフ
日程・結果
ニュース
ハイライト動画

チームプロフィール

目指すのは“日本らしいサッカー”。史上初のベスト8入りを目指す!

過去成績:7大会連続7回目 ベスト16(2002、2010、2018)

アジア最終予選では開幕3試合で2敗を喫するなど苦しい幕開けとなったが、4節のオーストラリア戦から6連勝をマークし、勢いそのままに7大会連続のW杯出場を決めた。初出場からこれまで、連続出場を継続している。

日本の救世主となったスピードスター、ヘンクの伊東純也や、W杯出場を決めたアウェイのオーストラリア戦で2得点を決めたドリブラー三笘薫、ブンデスリーガで2年連続デュエル王となった遠藤航、マジョルカの久保建英、PSVの堂安律ら、特に中盤から前線には海外で活躍するタレントを擁する。

前回大会はあと一歩のところでベスト16敗退となった。その教訓を生かし、森保一監督の下で「ボールを握ることで無駄な体力のロスをなくして得点チャンスを作る」サッカー、すなわち「日本らしいサッカー」で過去最高成績となるベスト8以上を目指す。

注目選手:伊東純也(ヘンク)

最終予選で4得点・2アシストと、日本の救世主となる活躍を見せた右サイドのスペシャリスト。所属するヘンクでも中心選手として活躍しており、今回が自身初のW杯となる。

伊東の武器はなんと言ってもスピードであり、相手を置き去りにするドリブル突破や裏への飛び出しから、自ら得点を奪うことも、アシストもできる。攻撃だけではなく、守備でもスピードを生かしてプレスバックし、相手のチャンスをつぶすことができる。現在の日本代表において欠かせない選手であることは間違いない。

「ゴール前に絡む動きやチャンスがあったらどんどん仕掛けていきたい」と語るように、日本の勝利のために伊東の活躍は不可欠だ。日本のスピードスターがW杯でどんな活躍を見せるのか注目したい。

日本代表 選手

GKゴールキーパー

DFディフェンダー

MF/FWミッドフィルダー/フォワード

スタッフ

森保 一
MORIYASU Hajime
森保 一
横内 昭展
YOKOUCHI Akinobu
横内 昭展
齊藤 俊秀
SAITO Toshihide
齊藤 俊秀
上野 優作
UENO Yusaku
上野 優作
松本 良一
MATSUMOTO Ryoichi
松本 良一
下田 崇
SHIMODA Takashi
下田 崇
写真提供:JFA
2022/3/29 アジア最終予選 ベトナム代表戦 招集メンバー/スタッフ

日程・結果

ニュース

得点ランキング

前回の試合結果

詳細情報

 
日本
FIFAランク 24位
W杯出場回数 7回
W杯最高成績 ベスト16

ABEMAで視聴する