親方に「抱きついちゃった」 力士が土俵下に落下、直後の“珍事”に館内から笑いと歓声
【映像】がっつり「抱きついちゃった」照強 »

大相撲一月場所>◇十二日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭十六枚目・碧山(春日野)が前頭十一枚目・照強(伊勢ヶ濱)を送り出しで下した一番で、敗れた照強が土俵下に落下。勢い余って正面審判の藤島親方に抱きついてしまう珍事があり、館内からは笑いと歓声が。さらに視聴者からは「ぎゅっ」「抱きついちゃった」といった驚きの声が寄せられた。

【映像】「抱きついちゃった」照強

 立ち合い低い姿勢で攻めた照強だが、碧山にはたき込まれるとバランスを崩して前のめりに。そのまま背中を押され、送り出されて7敗目を喫した。土俵を割った照強は勢いよく土俵下へとジャンプするように落下。着地した際に正面で審判長を務めていた元大関・武双山の藤島親方に抱きつくような格好となり、客席からは笑い声と歓声が上がった。勝った碧山は7勝目を挙げた。

 取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・琴勇輝の君ヶ濱親方は「うまく捌きましたよね」「碧山がすごく上手に、相手に攻め込ませておいて引きました」と碧山を称賛。こうした戦略を照強が取ると予想していたという君ヶ濱親方は続けて「私はこういう相撲が逆になるかなと思ったんですけどね。碧山がよく考えた相撲でした」と語った。

 敗れた照強が土俵下の藤島親方に勢いよく抱きつくという珍しい場面に、視聴者からは「ぎゅっ」「抱きついちゃった」「親方と愛の抱擁」「決まり手は抱きつき」といった声が相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】がっつり「抱きついちゃった」照強
【映像】がっつり「抱きついちゃった」照強
自らまいた大量の塩に力士が不覚か 実況「スルッといってますね」ファンから「すべっとるやん」
自らまいた大量の塩に力士が不覚か 実況「スルッといってますね」ファンから「すべっとるやん」
194キロの巨体をたった一撃で…強烈な蹴返しに館内騒然
194キロの巨体をたった一撃で…強烈な蹴返しに館内騒然