アニメ「東京リベンジャーズ」番組サムネイル
「東リベ」全話配信中 »

 アニメ「東京リベンジャーズ」は、「週刊少年マガジン」にて連載中で、累計発行部数5000万部を超える和久井健氏の漫画「東京卍リベンジャーズ」を原作とする作品です。アニメは2021年4月~9月までに全24話が放送され、原作の第1話~第73話までが描かれました。

【動画】アニメ「東京リベンジャーズ」

 「東リベ」ことアニメ「東京リベンジャーズ」には、多くの視聴者の心を揺さぶった数々の名言があります。拳と拳でぶつかり合う不良たちだからこそ生まれる熱い名ゼリフたちに、SNSでも「(心に)刺さる」「かっこよすぎ」と絶賛する声があがっています。

 今回はアニメ「東京リベンジャーズ」に登場した名言の中から、とくにSNSなどで人気の高いものをピックアップ。佐野万次郎(さの まんじろう/マイキー)、龍宮寺堅(りゅうぐうじ けん/ドラケン)、花垣武道(はながき たけみち/タケミチ)、松野千冬(まつの ちふゆ)、場地圭介(ばじ けいすけ)の名言を、キャラクターごとに紹介していきます。

目次

  • 人気アニメ「東京リベンジャーズ」とは
  • 「東リベ」名言その1:マイキー「日和ってる奴いる? いねえよなぁ!!?」
  • 「東リベ」名言その2:マイキー「オレが後ろにいるかぎり 誰も負けねぇんだよ」
  • 「東リベ」名言その3:ドラケン「人を想う“心”は持て」
  • 「東リベ」名言その4:タケミチ「オレが変わらないと何も変えれない」
  • 「東リベ」名言その5:タケミチ「もう二度と譲れねえモンがあんだよ」
  • 「東リベ」名言その6:タケミチ「これはオレの人生のリベンジだ」
  • 「東リベ」名言その7:松野千冬「背中はオレが守ってやる!」
  • 「東リベ」名言その8:場地圭介「オレらの全てをオマエに預ける 時代を創れマイキー」
  • アニメ「東京リベンジャーズ」名言のまとめ

人気アニメ「東京リベンジャーズ」とは

 子どもの頃からずっとイヤなことから逃げ続ける人生を送っていた、フリーターにして童貞の主人公・タケミチ。ある日、中学時代の恋人だった橘日向(たちばな ひなた/ヒナ)が、巨悪組織・東京卍會(とうきょうまんじかい)の抗争に巻き込まれて死亡したことをニュースで知ります。さらに、タケミチ自身も何者かに駅のホームから突き落とされ、死の間際にタイムリープ能力に目覚めます。そして、タケミチの能力の理解者であるヒナの弟・橘直人(たちばな なおと/ナオト)のサポートを受けながら、過去の東京卍會に近づき、未来を変えることを決意します。

 アニメ「東京リベンジャーズ」は、主人公のタケミチが逃げ続けてきた弱い自分とみんなの運命を変えようと奮闘する、タイムリープサスペンスです。

「東リベ」名言その1:マイキー「日和ってる奴いる? いねえよなぁ!!?」

 もはや「東京リベンジャーズ」の代名詞ともいえる、マイキーの第5話のこのセリフ。マイキーのカリスマ性と統率力を表す、有名な名言です。

 愛美愛主(メビウス)と揉めていた東京卍會(とうきょうまんじかい)の創設メンバー・林田春樹(はやしだ はるき/パーちん)を助けるために、マイキーが抗争を決意。パーちんはみんなに迷惑をかけると遠慮しましたが、マイキーは「東卍(こんなか)にパーの親友(ダチ)やられてんのに 迷惑って思ってる奴いる!?」「パーの親友やられてんのに “愛美愛主(メビウス)”に日和ってる(ひよってる)奴いる?」「いねえよなぁ!!?」「“愛美愛主(メビウス)”潰すゾ!!!」と、東卍(トーマン ※東京卍會の略称)の強い団結力を示しました。

 東卍は“一人一人がみんなの為に命を張れるチーム”として結成されたので、マイキーはチームを鼓舞して愛美愛主と対決することを決めました。満腹になったらどこでも寝てしまうなど、マイペースなマイキーの“強い総長姿”を垣間見れたシーンでもあります。

 「日和ってる奴いる?」というセリフがあまりにも人気となり、映画版「東京リベンジャーズ」でマイキー役を務めた俳優・吉沢亮(よしざわ りょう)さんが、映画の舞台挨拶で「『ひよってる奴いる?』が変なバズり方をしている」と言及したほど。さらに、日常のツイートに「ひよってる奴いる?」を投稿するTwitterユーザーも大勢みられ、なんと中には上司からの社内通達メールに「ひよってる奴いる?」の一文が入っていた、という方も見受けられました。このようにマイキーの名言が大ブームを呼び、「ガジェット通信 アニメ流行語大賞2021」では、数あるアニメの流行語の中から銀賞に選ばれました。

日和ってる奴いる?いねぇよなぁ!!?「東京リベンジャーズ」5話
日和ってる奴いる?いねぇよなぁ!!?「東京リベンジャーズ」5話

「東リベ」名言その2:マイキー「オレが後ろにいるかぎり 誰も負けねぇんだよ」

 第7話で愛美愛主(メビウス)と対峙したときのマイキーの名言です。気絶寸前まで愛美愛主の総長・長内信高(おさない のぶたか)と戦い続けたパーちんを受け止め、ふがいないと言うパーちんに対し「オマエ 負けてねえよ」とマイキーは優しく声をかけます。そして、すでに負けていると囃し立てる周囲に対し、獰猛な目つきで「パーちんが負けたと思ってるやつ 全員出てこい」「オレが殺す」「東卍はオレのモンだ」「オレが後ろにいるかぎり 誰も負けねぇんだよ」とスゴみました。その迫力に圧倒され、ふざけていた愛美愛主のメンバーたちも静まり返ったのでした。

 「オレが後ろにいるかぎり 誰も負けねぇんだよ」は、マイキーの絶対的な強さと、中学生らしからぬ頼もしさを表している一言でした。まさに“無敵のマイキー”にしか言えない名セリフといえるでしょう

オレが後ろにいるかぎり誰も負けねぇんだよ「東京リベンジャーズ」7話
オレが後ろにいるかぎり誰も負けねぇんだよ「東京リベンジャーズ」7話

「東リベ」名言その3:ドラケン「人を想う“心”は持て」

 第5話でドラケンが発言した名セリフです。愛美愛主の仕業によって負傷させられた一般人女性のお見舞いにいき、女性の両親に理不尽に責めたてられる場面がありました。しかし、ドラケンは反論せず、謝罪して頭を下げ続けました。そして、激高しかけたマイキーに、「”不良(オレら)の世界”は不良(オレら)の中だけで片付ける」「東卍(ウチ)のメンバーはみんな家族もいるし 大事な人もいる」「一般人に被害出しちゃダメだ」「周りの奴泣かしちゃダメだ」「下げる頭持ってなくてもいい 人を想う”心”は持て」と諭しました。この名言はドラケンが不良を続けるうえでの絶対的なルールであり、絶対的な信念といえるでしょう。

 このドラケンの深い言葉に、マイキーは「ゴメン ケンチン」「オレ ケンチンが隣にいてくれてよかった」と吐露します。ドラケンがマイキーの“心”を担っていることがよくわかるシーンでもありました。

人を想う“心”は持て「東京リベンジャーズ」5話
人を想う“心”は持て「東京リベンジャーズ」5話

「東リベ」名言その4:タケミチ「オレが変わらないと何も変えれない」

 第2話で、宿敵・清水将貴(きよみず まさたか/キヨマサ)に立ち向かうことを決意したときのタケミチの名言です。体が弱いのに、喧嘩賭博に無理やり出場させられた友人のタクヤを守るため、そして未来を変えるために、「立ち向かわないと 逃げちゃダメだ」「過去でも現代でも オレが変わらないと何も変えれない」「もう逃げねぇ」と心に決め、逃げ続ける人生を送るきっかけとなったキヨマサと対峙しました。

 しかし圧倒的な実力の差は如何ともしがたく、ボロボロになるタケミチ。仲間がもう引けと止めに入りましたが、「引けねぇんだよ!!!! 引けねぇ理由があるんだよ!!!」と、もう一つの名ゼリフを発し、あきらめずに立ち向かいました。

 橘日向(たちばな ひなた/ヒナ)を救うため、タケミチによる運命へのリベンジがまさに今始まったという熱い展開の名場面でした。

オレが変わらないと何も変えれない…「東京リベンジャーズ」2話
オレが変わらないと何も変えれない…「東京リベンジャーズ」2話

「東リベ」名言その5:タケミチ「もう二度と譲れねえモンがあんだよ」

 恋人であるヒナを守るために勇気を振り絞って発言した、第3話のタケミチの名セリフです。マイキーとドラケンに脅されていると勘違いしたヒナが、タケミチを守るためにマイキーにビンタ。「殺すぞ ガキ」と怒ったドラケンからヒナをかばい、「その手ぇ離せって言ってんだよ!!」「もう二度と譲れねえモンがあんだよ」とドラケンに楯突きました。

 喧嘩では敵わないと分かっている相手に対しても、引けない時には絶対に引かないタケミチの男らしい態度に、ドラケンも「ビッとしてたぜ?」と賞賛しました。

もう二度と譲れねえモンがあんだよ…「東京リベンジャーズ」3話
もう二度と譲れねえモンがあんだよ…「東京リベンジャーズ」3話

「東リベ」名言その6:タケミチ「これはオレの人生のリベンジだ」

 第10話の8・3抗争中、ドラケンを殺そうと画策するキヨマサらに追いつめられ、多勢に無勢で大ピンチに陥ったときのタケミチの決死の一言です。「オレが逃げたら ここで終わりだ」「ドラケン君 勇気をありがとう」「みんなの為だけじゃない!!」「オレの…オレ自身の戦いだ!!」「これはオレの人生の リベンジだ」と自分を奮い立たせ、ドラケンを守るため、そして運命を変えるためにキヨマサの前に立ちふさがりました。相手が強くても絶対にあきらめない! という、タケミチの気迫が伝わってくる名シーンでした。

 タケミチの雄姿に、Twitterでも「勇気をもらえた」「鳥肌モノ」「かっこいい」と大絶賛でした。「これはオレの人生のリベンジだ」は、まさに作品名にふさわしいタケミチの名言と言えるでしょう。

これはオレの人生のリベンジだ「東京リベンジャーズ」10話
これはオレの人生のリベンジだ「東京リベンジャーズ」10話

「東リベ」名言その7:松野千冬「背中はオレが守ってやる!」

 「血のハロウィン」で芭流覇羅(バルハラ)と抗争中、喧嘩が怖くておよび腰になっているタケミチを勇気づけた、第19話の千冬の名ゼリフです。「ビビってんのか?」「正面の敵だけ見てろ 相棒」「背中はオレが守ってやる!」「喧嘩にビビんねぇ奴なんかいねぇよ 大事なのはさぁ どう向き合うかだ!!」とタケミチを鼓舞し、強敵に立ち向かいました。そして千冬の言葉に後押しされ、タケミチも拳を振りあげたのでした。

 相棒としての頼もしさと、千冬の筋の通った不良道のポリシーが分かる一言です。

背中はオレが守ってやる!「東京リベンジャーズ」19話
背中はオレが守ってやる!「東京リベンジャーズ」19話

「東リベ」名言その8:場地圭介「オレらの全てをオマエに預ける 時代を創れマイキー」

 第22話の回想で登場した、東卍の元壱番隊隊長・場地圭介の名言です。場地やマイキーたちが中学1年生の頃、羽宮一虎(はねみや かずとら)が1人で黒龍(ブラックドラゴン)と揉めていたのをきっかけに、対抗する組織として暴走族(チーム)を創ろうと場地が提案。総長にマイキーを指名し、「オレらの全てをオマエに預ける 時代を創れマイキー」と力強く発言しました。

 その後、マイキーが「どんなチームにしたい?」と場地に問いかけると、場地は真っすぐな眼差しで、「一人一人がみんなの為に命を張れる そんなチームにしたい」と、さらなる名言で返しました。

 そして、そのときにみんなでお金を出し合って買った結成記念のお守りが、「血のハロウィン」で暴走したマイキーを思い留まらせることになりました。場地は創設時に交わした約束を忘れず、「血のハロウィン」では1人で奔走し、最期はこれ以上メンバー同士で争わなくて済むよう自死を選択。命懸けで約束を果たした場地の姿に、その場にいた東卍のメンバー全員が涙するという名場面に繋がりました。

時代を創れマイキー…「東京リベンジャーズ」22話
時代を創れマイキー…「東京リベンジャーズ」22話

アニメ「東京リベンジャーズ」名言のまとめ

 SNSでも「名言が多すぎる」と絶賛されているアニメ「東京リベンジャーズ」。胸に突き刺さる名セリフや、勇気をもらえる熱い言葉が多いことから、「名言特集を作って欲しい」という声があがるほどです。

 とくに、平凡な人間だけどあきらめない強さをもつタケミチの名言が多い印象でした。アニメ24話以降を描いた原作では、さらに多くの名言が登場していますので、制作が発表されている2期「聖夜決戦編」でも披露されるのではないでしょうか。期待しつつ、2期の放送開始を待ちましょう。

(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

東京リベンジャーズ
東京リベンジャーズ
東京リベンジャーズ特番~ABEMAで血のハロウィン編クライマックスSP~
東京リベンジャーズ特番~ABEMAで血のハロウィン編クライマックスSP~
「東リベ」ロスに嘆くファン続出 イヌピー&ココ登場に「2期はよ」「これで終わるはずがない」
「東リベ」ロスに嘆くファン続出 イヌピー&ココ登場に「2期はよ」「これで終わるはずがない」
ABEMA TIMES