2022年11月20日から開催中のFIFAワールドカップ2022カタール大会。グループステージを勝ち抜いた予選突破国および敗退国をまとめているほか、決勝トーナメントに進むのはどこの国かの予想も記載しています。各試合の日程や地上波放送の一覧表も掲載していますので、予想と合わせて観戦の参考にしてください。

FIFA ワールドカップ 全試合配信リスト
FIFA ワールドカップ 全試合配信リスト
ABEMAで視聴する

目次

  • ワールドカップ予選の概要
  • カタールW杯グループAの順位/予想
  • カタールW杯グループBの予想
  • カタールW杯グループCの予想
  • カタールW杯グループDの順位/予想
  • カタールW杯グループEの予想
  • カタールW杯グループFの順位/予想
  • カタールW杯グループGの順位/予想
  • カタールW杯グループHの順位/予想
  • ワールドカップ2022予選の日程は?
  • ワールドカップ2022予選の地上波放送予定は?
  • ワールドカップ2022予選のまとめ

ワールドカップ予選の概要

 ワールドカップ本戦の予選となるグループステージでは、出場国を抽選で8つのグループに4か国ずつ振り分け、総当たりのリーグ戦が行われます。決勝トーナメント進出の条件は、グループステージで上位2位以内に入ること。順位は3試合を行った上での勝ち点(勝利=3点、引き分け=1点、敗北=0点)の合計で決まり、勝ち点が同じ場合は得失点差、それも同じなら得点数、累積反則ポイント、抽選……といった順に従い決定されます。

 グループステージが現在の形になった1998年フランス大会以降のデータを見ると、グループステージを確実に突破するには最低でも勝ち点5(1勝2分)が必要。勝ち点4(1勝1敗1分)では得失点差などによる決定にもつれ込むケースが多く、予選突破できるかどうかは五分五分でしょう。

 勝ち点3(1勝2敗または3分)の場合は、ほぼグループステージ敗退が決まります。ただし、唯一の例外として1998年の第16回フランス大会でチリがグループBを勝ち点3(3分)で突破していますので、確実に敗退するわけではありません。この時は、同グループの2か国が1敗2分の勝ち点2で並んだのですが、このように他国の試合の結果によっては決勝トーナメントに進出する可能性は残されています。

ワールドカップ2022の日程・地上波放送情報|日本戦や本戦は全部見られる? | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
ワールドカップ2022の日程・地上波放送情報

▲ページトップへ戻る▲

カタールW杯グループAの順位/予想

■決勝進出/敗退が確定した国

敗退:カタール(順位未決定)

■予想

  • 本命◎:オランダ​
  • 対抗◯:エクアドル
  • 3番手▲:セネガル

 グループAの大本命はFIFAランキング8位のオランダ。ワールドカップ準優勝3回(1974、1978、2010)の記録を誇る欧州屈指の強豪で、世界最高のDFの1人であるフィルジル・ファン・ダイク選手(リヴァプール)や、中盤の要のフレンキー・デ・ヨング選手(バルセロナ)といったタレントを揃えて悲願の初優勝を狙っています。しかし決して調子がいいわけではなく、初戦はセネガルに苦しみながらも競り勝ち、2戦目はエクアドルに先制しながら追いつかれて引き分けに。優勝候補ではありますが、苦しんでいる印象です。

 対するFIFAランキング18位のセネガルは、アフリカ勢最強の呼び声も高く選手層の厚いチーム。FWサディオ・マネ選手(バイエルンミュンヘン)が怪我で欠場したのは残念ですが、屈強なセンターバックのカリドゥ・クリバリ選手(チェルシー)、守護神エドゥアール・メンディ選手(チェルシー)といった名手もいます。初戦でオランダに0-2で敗れはしましたが、2戦目で追いすがるカタールを3-1で降して息を吹き返しました。オランダと実力は伯仲していましたので、エースがいなくても決して侮れないチームです。

 9月に日本と対戦したエクアドルは、オランダ・セネガルと比べると選手層が薄い印象。しかし初戦でカタールに勝利すると2戦目で優勝候補のオランダ相手に引き分けをもぎ取るなど、非常に健闘しています。そしてカタールは、開催国の地の利を持っていましたが2連敗でグループステージ敗退が確定。勝ち点はまだ0ですが、チャンスを作れていないわけではないので、最後のオランダ戦で一矢報いる展開もあり得るかもしれません。

【W杯カタール大会 グループA展望】本命はオランダも曲者揃いのグループに。アフリカ最強セネガル、2006年以来のGS突破を狙うエクアドル、準備万端の開催国・カタールが激突 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループA展望】本命はオランダ。アフリカ最強セネガル、2006年以来のGS突破を狙うエクアドル、準備万端の開催国・カタールが激突 

カタールW杯グループBの予想

  • 本命◎:イングランド
    対抗◯:イラン
    3番手▲:アメリカ
    連下△:ウェールズ

 どこが突破してもおかしくない、大混戦が予想されるグループ。FIFAランキングで見ると5位のイングランドが一歩抜けていますが、欧州ネーションズリーグでハンガリーに連敗し、リーグAからリーグBに降格してしまうなど、絶対的と言うほど盤石なチームではありません。初戦のイラン戦では圧倒的にボールを保持していたのに2失点、続くアメリカ戦ではスコアレスドローで終わるなど、どこかピリッとしない戦いぶりとなっています。

 残る3か国は、FIFAランキング16位のアメリカ、同19位のウェールズ、同20位のイランと、チーム力にさほどの差はありません。特にアメリカは9月の国際親善試合で日本に完敗するなど課題を抱えており、ワールドカップ予選中、どれだけ修正できるかが鍵となっていました。ウェールズ戦でもリードしていながら追いつかれましたが、2戦目では強豪イングランドを相手に善戦して引き分け。調子が上がってきたようで、3戦目のイラン戦に期待がかかります。

 また、64年ぶりの出場となるウェールズには、ここ一番で決定的な仕事をするガレス・ベイル選手(ロサンゼルスFC)というワールドクラスの名手がいますが、2戦終わって勝ち点1とかなり苦しくなりました。一方、9月の国際親善試合で強豪ウルグアイを破ったイランは初戦でイングランドに大敗しますが、2戦目試合終了間際に2得点を挙げてウェールズに勝利。グループBの2位に躍り出たことで、史上初の決勝トーナメント進出に近付いています。

▲ページトップへ戻る▲

【W杯カタール大会 グループB展望】突破予想が難しい注目の組。本命イングランドにベイル擁するウェールズ、タレント揃いのアメリカ、ダークホースのイランら実力伯仲 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループB展望】本命イングランドにベイル擁するウェールズ、タレント揃いのアメリカ、ダークホースのイランら実力伯仲

カタールW杯グループCの予想

  • 本命◎:アルゼンチン
  • 対抗◯:メキシコ
  • 3番手▲:ポーランド
  • 連下△:サウジアラビア

 FIFAランキング3位にして2021年コパ・アメリカ王者のアルゼンチンが、グループCの大本命。国際親善試合の無敗記録を36まで伸ばし、イタリアが持つ37試合無敗の世界記録更新も期待されていましたが、ワールドカップ2022初戦で伏兵サウジアラビアにまさかの敗北を喫しました。その後、2戦目でメキシコを降して立て直し、得失点差もプラスに持っていったのは流石ですが、まだまだ予断を許さない状況です。

 対抗となるのは、1994年から7大会連続でグループステージを突破しているFIFAランキング13位のメキシコ。ただし、粘りに欠けるのか7大会連続でベスト16(決勝トーナメント1回戦敗退)という珍しい記録も持っており、過度の期待はできません。今大会では、2戦目を終えて1敗1分と崖っぷちですが、3戦目でサウジアラビアを破れれば、まだ決勝トーナメント進出の可能性はあります。

 そんなメキシコの両記録を破れるチームがあるとすれば、FIFAランキング26位のポーランドでしょう。現在リーガ・エスパニョーラで得点ランキングのトップを独走するロベルト・レバンドフスキ選手(バルセロナ)という絶対的なストライカーを擁するポーランド。初戦は引き分けましたが、2戦目にはそのレバンドフスキ選手のゴールもあってサウジアラビアに快勝。決勝トーナメント進出を賭けてアルゼンチン戦に臨みます。

【W杯カタール大会 グループC展望】コパ・アメリカ王者のアルゼンチンが軸。大会屈指の守備強度を誇るメキシコ、ゴールマシーン擁するポーランド、国内組で挑むサウジアラビアが激突 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループC展望】コパ・アメリカ王者のアルゼンチン。大会屈指の守備強度を誇るメキシコ、ゴールマシーン擁するポーランド、国内組で挑むサウジアラビアが激突

カタールW杯グループDの順位/予想

■決勝進出/敗退が確定した国

進出:フランス(順位未決定)

■予想

  • 本命◎:デンマーク
  • 対抗◯:オーストラリア
  • 3番手▲:チュニジア

 前回大会王者のフランスと欧州選手権(EURO2020)で躍進したデンマークという、2強がハッキリしたグループ。FIFAランキングで見てもフランス4位、デンマーク10位、チュニジア30位、オーストラリア38位と両極端で、混戦になる可能性は低いと思われましたが、チュニジアは初戦でデンマークと引き分け、オーストラリアは第2戦でチュニジアに辛勝。双方とも突破の可能性を残して2戦目を終えています。

 実はワールドカップでは、前回大会の優勝国が次大会のグループリーグで敗退するケースが非常に多く、2000年以降にこのジンクスを破ったのは、2002年大会優勝・2006年大会ベスト8のブラジルのみ。フランスも予選敗退するのではと危ぶまれていましたが、初戦でオーストラリアを、2戦目でデンマークを撃破。その結果、フランスが決勝トーナメント進出一番乗りのチームとなりました。

 一方のデンマークは、欧州ネーションズリーグで6月に2-1、9月に2-0とフランスを立て続けに破っている、勢いのあるチーム。しかし今大会では初戦でチュニジアに引き分け、2戦目でフランスに敗退と今一つ元気がありません。3戦目でオーストラリアとの決戦に勝てば決勝トーナメント進出となりそうですが……?

【W杯カタール大会 グループD展望】バロンドール受賞のベンゼマ擁するフランス、欧州選手権躍進のデンマークが2強。オーストラリア、チュニジアの勝機は? | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループD展望】バロンドール受賞のベンゼマ擁するフランス、欧州選手権躍進のデンマークが2強。オーストラリア、チュニジアの勝機は?

▲ページトップへ戻る▲

カタールW杯グループEの予想

  • 本命◎:スペイン
    対抗◯:ドイツ
    3番手▲:日本
    連下△:コスタリカ

 ワールドカップ優勝経験があるドイツとスペインは、今大会でもやはり押しも押されもせぬ堂々たる優勝候補。とは言え、ドイツは初戦で日本に敗れ、2戦目ではスペインに先制を許すも何とか追いついてドロー。2戦を終えて勝ち点わずか1と、かなり苦しくなりました。まだ決勝トーナメント進出の可能性が残されているとは言え、2大会連続のグループステージ敗退が目前まで迫ってきています。

 一方のスペインは、初優勝を飾った2010年大会でも初戦でスイスに敗れるなど、ワールドカップ本戦ではスロースタート気味という伝統がありました。ところが、今大会ではコスタリカを7-0と圧倒的大差で破って初戦を飾っています。続くドイツ戦は引き分けに終わり、グループEの暫定1位に躍り出ましたが、決して安心できる状況ではないので、3戦目の日本戦では全力で勝ちを狙ってきそうです。

 残るコスタリカも、2014年大会でイングランド、イタリア、ウルグアイが揃ったグループで3強1弱の下馬評を覆し、グループ首位通過を果たしてベスト8まで進出したダークホース。第2戦では、日本の攻撃を守り抜いて連携ミスを突いての一発を浴びせ、下馬評を覆す勝利を収めました。とは言え、初戦での大量失点による得失点差のマイナスがかなり響くので、決勝トーナメント進出の可能性はありますが難しいと言っていいでしょう。

【W杯カタール大会 グループE展望】ドイツ、スペインの二強が突破濃厚も、ベスト8を目指す日本代表が意地を見せるか。ダークホース、コスタリカも要注意 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループE展望】ドイツ、スペインの二強が突破濃厚も、ベスト8を目指す日本代表が意地を見せるか。ダークホース、コスタリカも要注意

カタールW杯グループFの順位/予想

■決勝進出/敗退が確定した国

敗退:カナダ(順位未決定)

■予想

  • 本命◎:クロアチア
  • 対抗◯:ベルギー
  • 3番手▲:モロッコ

 グループFで注目したいのが前回大会3位のベルギー。エースのロメル・ルカク選手(インテル・ミラノ)の怪我は心配ですが、FWエデン・アザール選手(レアル・マドリード)、MFケヴィン・デ・ブライネ選手(マンチェスター・シティ)、GKティボー・クルトワ選手(レアル・マドリード)らのタレントは健在で、初戦ではPKを含む20本以上のシュートを浴びながらカナダを完封し、カウンター一閃で勝利を収めています。しかし、2戦目で格下のモロッコ相手にまさかの敗戦、グループステージ最終節のクロアチア戦に全てを賭けて臨みます。

 対抗と予想したクロアチアは、前回大会での成績はベルギーをもしのぐ準優勝。しかし、大黒柱のルカ・モドリッチ選手(レアル・マドリード)が今年37歳と選手の平均年齢を大きく上回っているなど、主力の年齢層が高いことからベルギーには劣ると予想されます。初戦で格下モロッコの堅守を崩しきれず引き分けましたが、2戦目ではカナダに先制点を許しながらも逆転勝利。勝ち点4でベルギーとの最終決戦に挑むことになりました。

 残る2か国のうち、カナダは安定した戦いぶりで北中米カリブ海予選を突破しましたが、初戦ではベルギーを攻めに攻めながら一発に泣き、2戦目ではクロアチアに横綱相撲で押し切られて敗退決定。そしてモロッコは、クロアチア相手に粘り強い戦いを見せて勝ち点1をもぎ取り、ベルギー戦では角度のないフリーキックを直接沈めるなどして大金星。決勝トーナメント進出が見えてきました。

【グループF展望】前回準優勝のクロアチアと3位のベルギーが同居。競合を抑えて予選突破のカナダ、モロッコがアップセットを狙う | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【グループF展望】前回準優勝のクロアチアと3位のベルギーが同居。競合を抑えて予選突破のカナダ、モロッコがアップセットを狙う 

▲ページトップへ戻る▲

カタールW杯グループGの順位/予想

■決勝進出/敗退が確定した国

進出:ブラジル(順位未決定)

■予想

  • 本命◎:スイス 
    対抗◯:セルビア 
    3番手▲:カメルーン

 前回大会のグループステージで激突したブラジル、スイス、セルビアの3か国が、まさかの同組となったグループG。前回大会ではグループ1位ブラジル、そのブラジルと引き分けたスイスがグループ2位で決勝トーナメント進出という結果となりました。

 ブラジルは言わずと知れたサッカー王国で、今大会でも優勝候補の大本命。エースのネイマール選手(パリ・サンジェルマン)が初戦の怪我でグループステージ絶望と報じられたのは残念ですが、リシャルリソン選手(トッテナム)、カゼミーロ選手(マンチェスター・ユナイテッド)、マルキーニョス選手(パリ・サンジェルマン)など、綺羅星のごときタレント陣を擁しており死角はありません。

 初戦では目が覚めるような怒涛の攻撃を何度となく繰り出し、リシャルリソン選手の2ゴールで粘るセルビアを撃破。2戦目では後半37分と土壇場のゴールで粘るスイスを破り、あっさりグループステージ突破を決めました。

 一方のスイスは、欧州予選で安定した強さを見せてEURO2020王者イタリアを予選敗退に追いやったチーム。9月に行われた欧州ネーションズリーグでは、スペインを破るジャイアントキリングを演じました。しかし、初戦ではカメルーンに勝利したのですが、2戦目ではブラジルにあと一歩及ばず惜敗。守備は堅いのですが攻撃に怖さがなく、強豪ポルトガルを破ってワールドカップ出場を決めたセルビア、そのセルビアと2戦目で壮絶な撃ち合いを演じて引き分けたカメルーンが逆転で突破を決める可能性はまだ残されています。

【W杯カタール大会 グループG展望】まさかの3チームが前回大会と同じく同居。本命ブラジルに続くのはスイスか、セルビアか、カメルーンか? | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループG展望】まさかの3チームが前回大会と同じく同居。本命ブラジルに続くのはスイスか、セルビアか、カメルーンか? 

カタールW杯グループHの順位/予想

■決勝進出/敗退が確定した国

進出:ポルトガル(順位未決定)

■予想

  • 本命◎:ウルグアイ
  • 対抗◯:ガーナ
  • 3番手▲:韓国

 全盛期こそ過ぎたものの、円熟味のあるプレーを見せるクリスティアーノ・ロナウド選手(無所属)がチームを牽引するポルトガルが一歩抜けた印象。ポルトガルはFIFAランキング9位、対抗のウルグアイは同14位と、力の差はさほどありませんので番狂わせが起こる可能性は十分ありましたが、初戦でガーナとの撃ち合いを制し、2戦目では難敵ウルグアイの猛攻をしのいで完封勝利を収めたポルトガルが、グループH勝ち抜けを決めました。

 対するウルグアイはワールドカップ優勝経験を持つ南米の古豪で、9月の国際親善試合ではイランに0-1と敗れた後、カナダに2-0と快勝して素早く立て直しました。今大会ではベテランのルイス・スアレス選手(ナシオナル)やエディンソン・カバーニ選手(バレンシア)のほか、24歳のフェデリコ・バルベルデ選手(レアル・マドリード)のように若きスターも育っています。しかし初戦では韓国と引き分け、2戦目はポルトガルに敗北と元気がありません。しかもまだ得点がなく、絶体絶命と言っていいでしょう。

 韓国は昨年のプレミアリーグ得点王ソン・フンミン選手(トッテナム)という絶対的エースをどこまで生かせるかが鍵ですが、2戦を終えて1敗1分けになった上にパウロ・ベント監督が2戦目終了後にレッドカードを受けて、もう後がありません。

 一方のガーナは6月のキリンカップで日本に1-4で敗れるなど調子が今一つでしたが、追いすがる韓国との戦いを制して勝ち点3をゲット。失点が多いのが気になるものの、このまま調子を上げていけば、最終戦でウルグアイに一泡吹かせることができるかもしれません。

【W杯カタール大会 グループH展望】大混戦必至!どのチームも決勝T進出の可能性 ポルトガル、ウルグアイ、韓国、ガーナ | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【W杯カタール大会 グループH展望】大混戦必至!どのチームも決勝T進出の可能性 ポルトガル、ウルグアイ、韓国、ガーナ

▲ページトップへ戻る▲

ワールドカップ2022予選の日程は?

 今大会のグループステージ各試合の日程は以下の通りです。対戦国名をクリックすると、生中継の配信ページを見ることができます。なお過去の試合についても見逃し配信の視聴が可能です。

時刻 グループ 対戦国
11/20 25:00 グループA カタール vs エクアドル
11/21 22:00 グループB イングランド vs イラン
11/21 25:00 グループA セネガル vs オランダ
11/21 28:00 グループB アメリカ vs ウェールズ
11/22 19:00 グループC アルゼンチン vs サウジアラビア
11/22 22:00 グループD デンマーク vs チュニジア
11/22 25:00 グループC メキシコ vs ポーランド
11/22 28:00 グループD フランス vs オーストラリア
11/23 19:00 グループF モロッコ vs クロアチア
11/23 22:00 グループE ドイツ vs 日本
11/23 25:00 グループE スペイン vs コスタリカ
11/23 28:00 グループF ベルギー vs カナダ
11/24 19:00 グループG スイス vs カメルーン
11/24 22:00 グループH ウルグアイ vs 韓国
11/24 25:00 グループH ポルトガル vs ガーナ
11/24 28:00 グループG ブラジル vs セルビア
11/25 19:00 グループB ウェールズ vs イラン
11/25 22:00 グループA カタール vs セネガル
11/25 25:00 グループA オランダ vs エクアドル
11/25 28:00 グループB イングランド vs アメリカ
11/26 19:00 グループD チュニジア vs オーストラリア
11/26 22:00 グループC ポーランド vs サウジアラビア
11/26 25:00 グループD フランス vs デンマーク
11/26 28:00 グループC アルゼンチン vs メキシコ
11/27 19:00 グループE 日本 vs コスタリカ
11/27 22:00 グループF ベルギー vs モロッコ
11/27 25:00 グループF クロアチア vs カナダ
11/27 28:00 グループE スペイン vs ドイツ
11/28 19:00 グループG カメルーン vs セルビア
11/28 22:00 グループH 韓国 vs ガーナ
11/28 25:00 グループG ブラジル vs スイス
11/28 28:00 グループH ポルトガル vs ウルグアイ
11/29 24:00 グループA エクアドル vs セネガル
11/29 24:00 グループA オランダ vs カタール
11/29 28:00 グループB ウェールズ vs イングランド
11/29 28:00 グループB イラン vs アメリカ
11/30 24:00 グループD オーストラリア vs デンマーク
11/30 24:00 グループD チュニジア vs フランス
11/30 28:00 グループC ポーランド vs アルゼンチン
11/30 28:00 グループC サウジアラビア vs メキシコ
12/1 24:00 グループF クロアチア vs ベルギー
12/1 24:00 グループF カナダ vs モロッコ
12/1 28:00 グループE 日本 vs スペイン
12/1 28:00 グループE コスタリカ vs ドイツ
12/2 24:00 グループH ガーナ vs ウルグアイ
12/2 24:00 グループH 韓国 vs ポルトガル
12/2 28:00 グループG セルビア vs スイス
12/2 28:00 グループG カメルーン vs ブラジル

※表内の時刻は全て日本時間表記です。

サッカー日本代表は決勝進出できる?予選突破の可能性は?【ワールドカップ2022】 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
サッカー日本代表は決勝進出できる?予選突破の可能性は?

▲ページトップへ戻る▲

ワールドカップ2022予選の地上波放送予定は?

 今大会のグループステージは、48試合中31試合が地上波で放送されます。放映権は地上波ではNHK、テレビ朝日、フジテレビが獲得しました。NHKは開幕戦を含むグループステージ計15試合の放送を地上波・BSなどで予定しています。テレビ朝日はグループステージ計9試合、フジテレビはグループステージ計7試合を放送予定です。

NHKで放送予定の試合                                                                                                                                                                          

日時 グループ 対戦国
11/20 1:00 A組1節 カタールvsエクアドル
11/21 22:00 B組1節 イングランドvsイラン
11/22 4:00 B組1節 アメリカvsウェールズ
11/23 4:00 D組1節 フランスvsオーストラリア
11/23 22:00 E組1節 ドイツvs日本
11/25 4:00 G組1節 ブラジルvsセルビア
11/25 22:00 A組2節 カタールvsセネガル
11/26 4:00 B組2節 イングランドvsアメリカ
11/27 1:00 D組2節 フランスvsデンマーク
11/28 1:00 F組2節 クロアチアvsカナダ
11/28 22:00 H組2節 韓国vsガーナ
11/30 00:00 A組3節 オランダvsカタール
11/30 4:00 B組3節 イランvsアメリカ
12/02 0:00 F組3節 クロアチアvsベルギー
12/03 4:00 G組3節 カメルーンvsブラジル

テレビ朝日で放送予定の試合                                                                         

日時 グループ 対戦国
11/23 1:00 C組1節 メキシコvsポーランド
11/24 4:00 F組1節 ベルギーvsカナダ
11/25 1:00 H組1節 ポルトガルvsガーナ
11/26 1:00 A組2節 オランダvsエクアドル
11/26 19:00 D組2節 チュニジアvsオーストラリア
11/26 22:00 G組2節 ポーランドvsサウジアラビア
11/27 19:00 E組2節 日本vsコスタリカ
11/27 22:00 F組2節 ベルギーvsモロッコ
11/30 0:00 A組3節 エクアドルvsセネガル

フジテレビで放送予定の試合

日時 グループ 対戦国
11/22 22:00 D組1節 デンマークvsチュニジア
11/23 19:00 F組1節 モロッコvsクロアチア
11/24 22:00 H組1節 ウルグアイvs韓国
11/28 19:00 G組2節 カメルーンvsセルビア
11/29 1:00 G組2節 ブラジルvsスイス
12/02 4:00 E組3節 日本 vs スペイン
12/03 4:00 G組3節 セルビアvsスイス

 上の表にないグループステージの試合を観たい場合は、インターネットテレビ局のABEMAがオススメ。開幕戦から決勝戦までの全64試合が無料で生中継され、もちろん日本戦も全試合が放送されます。

サッカー日本代表スタメン予想【ワールドカップ2022】 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
サッカー日本代表スタメン予想【ワールドカップ2022】

▲ページトップへ戻る▲

ワールドカップ2022予選のまとめ

 以上、今大会のグループステージに関する勝敗予想をまとめました。ワールドカップ本戦をより楽しむためにも、予選を観戦しながら各国の情報を収集して独自の予想を立ててみるのも面白いかもしれませんね。

ドイツ vs 日本|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
ドイツ vs 日本|グループE
ABEMAで視聴する
カタール vs エクアドル|グループA|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
カタール vs エクアドル|グループA
ABEMAで視聴する
おすすめサッカー漫画11選【2022年版】|ワールドカップ前に読んでおきたい名作・人気作! | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
おすすめサッカー漫画11選【2022年版】